健康を保つためには、腸内細菌のバランスが大事

腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と
呼ばれる細菌が無数に住み着いて、日夜
発酵と腐敗を繰り返しています。

人は腸内細菌の働きにによって、健康を
保つことが出来るのです。

腸内細菌は、同じ種類のものが集まって
住んでいます。

草むらや花畑のように、群れを作って
住み着くので、腸内菌叢とか、
腸内フローラといわれています。

腸内細菌の種類

人の体には目に見えない細菌が、皮膚、
のど、鼻腔、口腔、腸などに住んで
います。

この細菌たちは、常在菌と呼ばれていて
人と共生関係にあって、なくてはならない
存在です。

何故なら、常在菌がいるおかげで、
病原菌などの有害菌が簡単に体内に
入り込まずにいるからです。

この常在菌が最も多く住んでいる場所が
腸です。

そのほとんどは、大腸に住んでいて、
種類は100以上を超え、総数は
100兆個ともいわれています。

この細菌は、大きく三種類に分けられ、
ビフィズス菌に代表される善玉菌、
ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、
食べ物や体調によって、どちらにも
傾く日和見菌があります。

腸内細菌のなかでも最も多く分布して
いるのが日和見菌です。

善玉菌は、腸内で腸内発酵を進めて、
病原菌をやっつけたり、人体に有益な
物質を生成したり、健康に役立つ
働きをしてくれます。

分布としては、最も少ない悪玉菌ですが、
増えると、腸内腐敗を進めて、体にとって
有害な物質を生成したり、病気を
起こしたりします。

主な腸内細菌

・善玉菌

 ビフィズス菌 = 主に大腸に住んで
          います。

 乳酸桿菌 = 小腸、大腸のほか
        口、膣にも多いです。

・悪玉菌

 ウェルシュ菌 = 腸の上部に住んで
          います。

 セラチア菌

 緑膿菌

 黄色ブドウ球菌

・日和見菌

 大腸菌

 バクロテロイデス

 ユウバクテリウム

 嫌気性連鎖球菌

日和見菌のほとんどは大腸に住んで
います。

善玉菌を優位に保つことが大切

健康な腸内は酸性ですが、悪玉菌が増えて
くると、アルカリ性になります。

アルカリ性の腸内は、悪玉菌が好む
環境なので、ますます増殖します。

また、日和見菌のなかにも、悪玉菌に
傾くものが増えてきます。

悪玉菌が活発になり、病原菌となって
感染症を引き起こすものもあります。

一方、善玉菌は糖質や食物繊維をエサと
して、乳酸菌や酢酸といった有機酸を
作り出し、腸内を酸性化します。

つまり、発酵状態にするのです。

善玉菌が増えて、腸内が酸性になると、
悪玉菌の繁殖は抑えられて、酸によって
刺激された腸は、ぜんどう運動が活発に
なり便秘も解消します。

ですから、大切なことは、善玉菌を
優位に保ち、悪玉菌を増やさない状態に
することです。

発酵か腐敗かは食べ物次第で変わる

便の主な成分は、栄養分を吸収し終えた
食べ物のカスと細菌なので、便には
腸内環境がはっきりと反映します。

細菌が便と一緒に出てしまっても、腸には
各種の細菌が残っています。

善玉菌が多く発酵状態、即ち、酸性の時は
、便は黄色か黄褐色です。

しかし、悪玉菌が増えて、腐敗、即ち、
アルカリ性が進むと、便は濃くなります。

腸内を発酵させるのも、腐敗させるのも、
食べ物次第といえます。

ところで、善玉菌の多くは嫌気性細菌と
言って、酸素を嫌う性質をもっています。

一方、ウェルシュ菌などの悪玉菌は、
好気性と言って、酸素を好む性質を
もっており、腸の上部に分布しています。

腸内の空気が、善玉菌が多く住む
大腸へ届く前に、悪玉菌が酸素を消費して
くれるので、その意味では、悪玉菌は
善玉菌の生存に役立っているのです。

加齢とともに善玉菌は減り、悪玉菌は増える

赤ちゃんの腸内は生まれてくる時は、
無菌状態です

母乳あるいは粉ミルクで育っている時は、
腸内細菌のほとんどが善玉菌の代表である
ビフィズス菌です。

離乳食になる頃から、成人と同じような
善玉菌、悪玉菌、日和見菌で構成される
ようになり、安定します。

母乳の赤ちゃんのほうが、ビフィズス菌が
より多いそうです。

その後、年令を重ねて中高年期になると、
ビフィズス菌は減り、悪玉菌の代表である
ウェルシュ菌が増加します。

腸内環境は加齢とともに、悪玉菌優勢に
なってくるのです。

特に高齢者の場合、腹筋や腸のぜんどう
運動の衰えから、便秘がちになり、
便秘になるから悪玉菌が増えるという
悪循環に陥りやすくなります。

そして、さまざまな体調不良や病気に
対する抵抗力の低下にもつながります。

そこで、大切なのが食べ物です。

何を食べるかで腸内細菌の勢力分布は
変わるのです。

ですから、歳をとればとるほど、意識して
善玉菌が喜ぶ食物繊維、炭水化物、乳酸菌
やオリゴ糖を積極的に摂る必要があります。

長寿の人の腸には善玉菌が多く、腸年齡が
実際の年齢より若いことが知られています。

逆に、若くても運動不足で偏った食事を
している人の腸は悪玉菌が多く、便も
滞りがちなため腸内腐敗が起こっています。

当然、腸年齢も高くなります。

悪玉菌が人体に及ぼす影響とは?

腸内で善玉菌が減少して、悪玉菌が
はびこってしまうと、全身にさまざまな
症状が起きてきます。

悪玉菌を増加させてしまう大きな原因に
日常の生活習慣が挙げられます。

腸を守り、全身の状態を良くしておく
ためには、どんな生活習慣が悪玉菌を
優勢にしてしまうのかを知っておくことが
必要です。

悪玉菌が増えてしまう食生活

特に、食生活は腸内細菌の状態に大きな
影響を与えています。

近年の大腸がんの急増は、食生活の
欧米化で、タンパク質や動物性脂肪の
摂取量が増え、一方で、根菜類や豆類
などに含まれる食物繊維の摂取量が
減ってしまったためです。

悪玉菌はタンパク質や脂肪分のカスを
栄養にしているので、肉類を摂ると
悪玉菌が活性化されます。

さらに、肉類に多く含まれる脂肪分は
ガンの発生原因も作り出します。

脂肪を消化するために、肝臓から胆汁が
大量に分泌されて、小腸で吸収しきれ
なかった分が大腸に流れていきます。

その胆汁は、大腸で悪玉菌によって
分解されますが、その際に、二次胆汁酸と
いう有毒な発ガン物質を発生させるの
です。

腸内に悪玉菌が増えると、有毒なガスが
発生しますが、健康な人の腸内でも、
約100ccのガスがあるとされています。

その成分は、水素ガス、窒素ガス、
二酸化炭素、メタンガスなどで、
そのうちの9割ほどは無臭ガスです。

しかし、毒素を含んだガスがたまって
くると、腸壁から吸収されて皮膚や
息から放出されたり、腎臓や肝臓で
処理されます。

さらに、有毒ガスによって、肝臓や
腸管などが傷つけられたり、免疫力が
低下して、風邪を引きやすくなり、
体調不良などの全身の症状へと
発展していきます。

なお、盲腸の手術後に”おならが出たら
大丈夫”と言われますが、これは腸が
回復し、他の機能も良くなっていることを
示すサインです

大腸の働きを悪化させる運動不足

歩いたり体を動かしたりすることが
少なかったり、会社で椅子に座っている
時間が長い人などは、悪玉菌が優勢に
なっている可能性があります。

理由は、運動不足は筋力を低下させます。

特に、腹筋が弱くなると便を押し出すのに
必要な腹圧も足りなくなり、排便が
スムーズにいかなくなります。

こんな場合は、腸のぜん動運動が
弱くなっていることも多く、加齢とともに
筋力は次第に衰えていくので、運動不足の
生活を続けていると、腸の動きは
ますます鈍くなります。

老化で腸内細菌のバランスも崩れやすく
なっているため便秘を招き、運動不足は
悪玉菌の増加に拍車をかけることに
なるのです。

口で浅い呼吸をしている人は、腹筋が
衰えて、腹圧が弱くなっている
可能性があります。

それで、腹圧を保ち、腸のぜんどう運動を
活発にするためには、腹筋や足腰を
弱らせないことが大切です。

ゆとりのある生活で悪玉菌を抑える

朝は、大腸が目覚めて、便を送り出す
ための、ぜんどう運動を始める時間です
ので、排便に最も適した時間帯です。

しかし、トイレに行く時間に余裕がなく、
外出先でも排便を我慢していると、
便は出る機会を逃してしまいます。

こうした生活を続けていれば、腸内に
便が溜まりやすくなり、悪玉菌が
増えていきます。

さらに、時間がないからといって
朝食を抜くのもいけないです。

朝、空になっている胃に食べ物を
送り込むと、胃が働き出します。

これを、胃・結腸反射といいますが、
刺激を受けた大腸は便を送り出す
ぜんどう運動を始めます。

朝食後に排便をしたくなるのは
このためです。

朝食を抜いてしまったら、胃や腸の
働きが鈍り、便秘を引き起こすことに
なります。

この他に、食事時間が不規則だったり、
睡眠不足だったり、生活リズムが
乱れている場合にも、便は滞りがちに
なります。

排便をしたい時に我慢することで、
自律神経の働きに逆らって、便を
出すタイミングを逃したり、毎朝の
排便リズムが作れなかったりすると、
腸内細菌のバランスも崩れてきます。

悪玉菌の増加を示すサイン

1、お腹が張ったり、腹痛がある

悪玉菌の分解作用で発生した有害な
物質やガスが、便やおならとなって
腸から体外に出されなかった場合には、
腹部に充満します。

その結果、お腹が張ったり腹痛が
起きたりします。

2、おならや臭い便が出る

腸内に悪玉菌が増えると、食べカスに
含まれるタンパク質やアミノ酸などの
分解が促されます。

この分解の際に、アンモニア、硫化水素、
フェノールアミンなど、さまざまな
有毒ガスや有害物質が発生します。

これらが、おならや便に強い刺激臭を
もたらすために、悪臭を放つように
なります。

3、肌荒れがある

悪玉菌が発生させた有害なガスや物質が
大量に発生すると、大腸粘膜の血管に
吸収され、血液中に入って、全身に
運ばれていきます。

皮膚に運ばれると、肌荒れ、吹き出物
などがあらわれます。

吹き出物は、顔や背中、胸の中央にも
できたりします。

4、頭痛、めまい、肩こりなどが起こる

ストレスや不規則な生活が、便秘や下痢と
いった腸の疾患の原因となっています。

これは、自律神経が腸の働きに影響を
与えるためです。

悪玉菌が増えると、めまい、頭痛、肩こり
などの症状が起こりやすくなります。

これは、悪玉菌の作用が自律神経の働きに
悪影響を及ぼすためです。

5、実年齢よりも老け顔になる

悪玉菌を増やす原因の多くは、生活習慣の
乱れによるものです。

腸が汚れていると、肌や髪も衰えてきます
ので、実年齢よりも老けて見られるように
なったら注意が必要です。

腸内の細菌バランスが崩れて、悪玉菌が
増えている可能性があります。

6、疲れやすく、倦怠感がある

有害な物質やガスが体内に充満すると、
体の機能が低下し老化してきます。

体調がすぐれなくて、疲れやすくなったり
倦怠感がとれないなどの症状が出てきます。

7、口内炎や風邪などにかかりやすい

悪玉菌が優勢になると、体の免疫機能も
衰えて、風邪、インフルエンザ、口内炎、
食中毒などのさまざまな感染症に
かかりやすくなります。

免疫機能の低下は、ガンなどの病気も
引き起こしてしまうので、気を付けねば
なりません。