あなたは腐敗便の恐ろしさをご存知ですか?

毎日の排便によって、便が入れ替わって
いれば、悪玉菌は増加しません。

しかし、便秘になると宿便が入れ替わらなく
なるので、排泄されない宿便が古くなって
腐敗便になり悪玉菌が大繁殖します。

腸内に悪玉菌が増加すると、有害物質が
発生して、大腸ポリープや大腸ガンなどを
引き起こす危険性が高くなります。

有害物質は腸から全身を駆けめぐって
多くの症状や病気を引き起こすことに
なりかねません。

なお、宿便とは、便として排泄されずに
たまっている腸内の残りカスのことです。

その他に、長い間はがれ落ちることが
できずに蓄積されていた腸の粘膜や
腸壁、体内の古くなった細胞が
たまったものも含まれています。

宿便を長くためていると腐敗便となる

食べた物は、時間の経過とともに、順次
大腸に送られて排泄されていきます。

きちんと食事を摂っていれは、腸内には
常に約2キログラムほどの便があります。

便の流れは大腸のカーブしている部分で
遅くなり、滞りやすくなります。

通常の循環過程の範囲内で大腸に
たまる便のことを宿便と呼びます。

腸の中に宿便があるのは、ごく自然な
ことなのです。

消化・吸収・排泄のサイクルが順調に
行われていれば、一般的には、毎日
一回以上の便通があり、宿便は
入れ替わっていきます。

しかし、便秘のために宿便が入れ替わらず
何日も腸内に滞るようになると、悪玉菌が
一気に増えて、便を腐敗させます。

腐敗した便は、悪臭を放ち、有害な
物質やガスを発生させるようになります。

これが、古くて汚い便、即ち腐排便です。

宿便は入れ替わっていさえすれば、全く
問題はありません。

しかし、長期的に滞って腐敗便になると、
体に多くの弊害をもたらすように
なります。

腐敗便がもたらす全身への影響

腐敗便は、悪玉菌の格好のすみかとなり、
硫化水素、アンモニア、スカトール、
インドール、フェノールアミン、メタン、
ヒスタミンなどの有害ガスや物質を
発生させるようになります。

腸内に腐敗便がたまっていると、おならや
便が悪臭を放ったり、お腹が張ったり、
腹痛が起こるといったことが生じます。

悪影響は、腸内だけにとどまらずに、
有害物質は大腸粘膜の血管に入り込み
血液を通じて全身に運ばれます。

有害物質が、皮膚に運ばれれば肌荒れや
吹き出物ができたり、体臭が出たり
します。

また、肺に届くと息を吐くときに口臭が
しますし、脳に届けば頭痛が起こります。

肩こりや冷え症なども起きやすく
なります。

このように、有害物質が到達した部位では
さまざまな症状が起こるように
なるのです。

なかにはガンを引き起こすものも
あります。

フェノールアミンやインドールは
発ガン物質なのです。

フェノールアミンやインドールなどの
物質が腸の粘膜を刺激し、大腸ポリープや
大腸ガンの発生原因をつくります。

腸から血液を通して運ばれた発ガン物質が
体の他の部位にガンを発生させる可能性も
あります。

腐敗便をため込むと、活性酸素も
発生します。

他の有害物質とともに全身に運ばれた
活性酸素は体の免疫力を奪い、細胞を
破壊していきます。

活性酸素の影響で免疫力が低下すると、
さまざまな感染症にかかりやすく
なります。

また、細胞に異変を起こし、ガン細胞を
活性化させます。

このほか、動脈硬化などの血管障害を
起こしたり、全身の細胞の老化を
促進させるなど、その影響は少なく
ありません。

大腸ガンの急増

食生活が欧米化して、脂肪分の摂取量が
増加する一方で、食物繊維を豊富に
含んだ食品の摂取量は減少しています。

このような食生活が便秘を引き起こし、
腐敗便をため込む原因にもなるわけです。

その結果として、日本人に大腸ポリープや
大腸ガンが急増しているのです。

大腸ポリープは大腸の粘膜にできる
イボ状の突起物が多いですが、なかには
盛り上がらない平坦状のポリープも
あります。

ポリープの多くは良性ですが、
放おっておくと大きくなり、次第に
前ガン状態となり、最終的には
ガンになる確率が高くなります。

もちろん、ポリープが小さいうちに
ガン化するものもあります。

特に、平坦状のポリープはガン化
しやすいとされています。

大腸ガンが最も多く発生するのは
直腸で、次がS状結腸です。

ここは、腐敗便が最もたまりやすく
有害物質の影響を強く受ける部分でも
あります。

このことからも、腐敗便がガンの
発生に大きく関わっていることが
わかります。