腸内細菌について

細菌のうち、主に腸に住むものを腸内
細菌と呼びます。

腸の中には100種類ほどの腸内細菌が
住んでいます。

各細菌はある程度集まって住みついて
います。

その腸内の細菌の集まりを腸内フローラ
と呼びます。

腸内細菌は、腸に対して有益な働きを
する善玉菌悪影響を及ぼす悪玉菌、更に
強い方に加勢する日和見菌に分けられます。、

そして、その比率は、善玉菌2、悪玉菌1、
日和見菌7になっています。

このように、日和見菌が圧倒的に多いので、
腸内環境が乱れてきて、日和見菌が悪玉菌
の味方についてしまうと、腸内は悪玉菌が
優勢になってしまいます。

それで、日和見菌を善玉菌の味方につける
ためには食物繊維で腸内を掃除すること
です。

更に、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を
摂り入れるなどして、善玉菌が優勢な
腸内にすることが大切です。

善玉菌が優勢になると、腸の動きも
活発化して、副交感神経も整えられて
便秘は改善されます。

ところで、善玉菌にはビフィズス菌、
アシドフィルス菌、ガセリ菌などが
あります。

善玉菌は消化吸収を助けたり、病気に
対する抵抗力をつける働きをする
有用菌です。

オリゴ糖、ヨーグルトや牛乳の乳糖などを
摂り入れて仲間を増やすことができます。

悪玉菌には大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ
球菌などがあります。

悪玉菌は炎症を起こしたり、発がん性の
ある物質を作る有害菌です。

タンパク質を好む細菌で、タンパク質を
分解してさまざまな有害物質を作り出し
ながら増殖します。

日和見菌は、中立な立場の腸内細菌です。

善玉菌が優勢になった時には、善玉菌に
味方したり、悪玉菌が優勢になれば
悪玉菌に味方をする細菌です。

ですから、腸内環境によっては善玉菌にも
悪玉菌にもなり得るわけです。

腸内細菌のバランスは年齢とともに
変化していきます。

赤ちゃんの腸内には生後三~四日から
善玉菌の代表であるビフィズス菌が
現れて99%以上占めるようになります。

離乳期を境にして酸性を嫌う菌である
嫌気性菌が増えて来て、ビフィズス菌は
10~15%くらいに減ってきます。

個人差はあるものの、この状態は成年期
まで続きます。

そして、50歳の後半からビフィズス菌は
さらに減り始め、その代わりに悪玉菌で
ある大腸菌やウェルシュ菌が増えてきます。

これが腸の老化です。そして腸の老化は
全身の老化につながっていきます。

ビフィズス菌、乳酸球菌、乳酸桿菌などの
善玉菌はガンを予防し、コレステロールを
下げ、肝臓の負担を軽くするなど、ガンや
動脈硬化や肝臓病などを防ぐために
役立っています。

がん予防には、とくにビフィズス菌などの
善玉菌が効果を発揮します。

また、腸内の善玉菌は体の免疫系を刺激
して抵抗力を高めます。

このように善玉菌は病気を防いで若さを
保つ働きがあります。

それに対して、悪玉菌は有害物質や発ガン
物質を作り出して、体をガン感染症に
かかりやすい状態にしてしまいます。

この悪玉菌は加齢とともに増えてきて
しまいます。

腸内の細菌のバランスが崩れて、善玉菌が
減って悪玉菌が増えてくると、下痢や
便秘が起こりやすくなってきます。

 

 

 

便秘とは

ひと口に便秘と言っても、排便の回数や
排便量は個人差が大きいものです。

また、便秘の原因や程度も人それぞれ
違います。

旅行など、生活環境が変わった時に
一時的に便秘になった経験がある人は
多いと思います。

慢性的な便秘だと、一週間以上も続く
ことがあります。
“便秘とは” の続きを読む