弛緩性便秘の注意すべきポイントについて

ふつうの便秘は、大腸のぜんどう運動が
弱くて、便がなかなか先へ進まないために
起こる便秘です。

このようなタイプの便秘は弛緩性便秘と
呼ばれています。

この弛緩性便秘は、女性に多く、10代の
思春期の頃から始まる人も多いのが
特徴です。

弛緩性便秘は運動不足も一因ですが、
偏った食事やダイエットのために、
食物繊維が不足して、腸のぜん動運動が
弱くなっていることが主な原因です。

そこで、弛緩性便秘の人が心掛けるべき
ポイントを挙げておきます。

起床後に水分を摂る

便秘の人は、朝起きて直ぐにコップ一杯の
水を飲むことです。

コップ一杯の水を飲むことで、腸の
センサーにスイッチが入り、自律神経が
リセットされ、副交感神経にスイッチが
入って、神経伝達物質のセロトニンが
分泌されて腸のぜんどう運動が活発に
なります。

便が硬い人や便秘がちな人は、一日の
水分摂取量が不足していることが
あります。

ですから、出来るだけ水分を多めに
摂るようにすれば、軟らかい便が
スムーズに出るようになる場合が
あります。

朝の水分は、お茶でも牛乳でも
よいのですが、牛乳で下痢をする人は
冷たい牛乳は避けることです。

ただし、ストレス性便秘の人は
朝の水は逆効果になります。

もともと下痢気味の人が、起きぬけに
冷たい水を飲むと、さらに悪化する
恐れがあります。

朝食は必ず摂る

腸にはセンサーが備わっていて、口から
胃へ食べ物が入ると、神経伝達物質の
セロトニンを分泌して収縮や
ぜんどう運動を始めます。

朝ご飯を食べることで、この腸の
センサーにスイッチが入ります。

朝食を食べなければ、腸は眠っている
ような状態で、セロトニンを分泌する
リズムも狂ってしまいます。

朝は腸のぜんどう運動が最も高まり、
便意が起きやすい時間でもあるため、
朝食は一日の食事の中で最も重要な
食事といえます。

毎日朝食を摂ることは、生活習慣病の
予防にも重要ですが、腸のぜんどう運動を
強めて、便意を促し便秘を予防する
ためにも大切なのです。

また、食事の量が少なければ、便のかさが
増えないために、まとまった便には
ならないわけです。

正常なぜんどう運動を促すためには、
スナック菓子のようなものばかり
食べないで、食物繊維が豊富な食事を
摂って便のかさを増やす必要があります。

便意があったら我慢しない

便意があっても我慢を何度も繰り返して
いると、いつの間にか便意がなくなって、
トイレに行っても出なくなって
しまいます。

ですから、便意は我慢しないことです。

直腸まで便が下りてくると、センサーが
機能して便意を感じますが、しばらく
我慢すると便意は遠のいてしまいます。

すでに、便は直腸まで下りてきているので
便意を感じたときに出せば、それで済んで
しまうのです。

しかし、我慢することで、直腸で便が
硬くなって、ますます出にくくなって
しまうことがあります。

便意を我慢したために、排便のサイクルが
狂って、便秘になってしまう人もいます。

トイレでの注意点

まず、便意もないのにトイレに行くのは
よくありません。

外出前や出勤前にトイレに行くのは
よいのですが、トイレに入って3分ほどで
便が出ない時はトイレを出ることです。

長い時間座って、いきみ続けるのは
やってはいけません。

また、トイレでの読書もかんばしく
ありません。

便意がないのにトイレに行って
いきんだり、長い時間座っていると、
痔を誘発することにもつながります。

さらに、女性の場合は、いきみ過ぎると、
スーパー便秘の原因となる直腸瘤になる
こともあります。

直腸が次第に肛門のほうに、たるむ
ようになり、肛門から直腸が出てきて
しまう直腸脱になることもあります。

この直腸脱は70~80歳代の高齢の
女性に多いですが、30代、40代の
女性や男性にも起こります。