あなたは自分がどの種類の便秘であるかを知っていますか?

便通には個人差がありますが、普通は
毎日出るものです。

2~3日1回でもきちんと出て、不快感が
なければ便秘とは言えません。

しかし、便通が不規則で不快感があって、
硬い便で何日も出なければ便秘が
考えられます。

便秘の種類によって対処の仕方が
違いますので、自分はどの種類の
便秘なのかを知っておくことは大切です。

便秘の種類

便秘には症状や原因によって
さまざまなタイプがあります。

まず、便秘の種類は機能性便秘と
器質性便秘の二つに大別されます。

機能性便秘は、大腸の運動機能が
低下したために起こるもので、
器質性便秘は、何らかの病気が
原因となって起こるものです。

更に、機能性便秘は一過性のものと
習慣性のものがあります。

一過性便秘は入学、就職、引っ越し、
旅行などといった生活のリズムや
生活環境の急な変化によって
起こることがあります。

生活のリズムや環境に慣れると、自然に
解消することが多いです。

しかし、リズムが乱れたままでいると
慢性化させてしまうこともあります。

習慣性便秘は、起こる原因によって
直腸性便秘、弛緩性便秘、
けいれん性便秘の3種類に分けられます。

直腸性便秘は、直腸粘膜が鈍くなって
便意を感じられなくなったために
起こります。

弛緩性便秘は、大腸の収縮がうまく
いかなくなったために起こります。

けいれん性便秘は、精神的なストレスが
原因となって起こるものです。

器質性便秘は、大腸ポリープ、大腸がん
など異物ができて腸管が狭くなったり、
子宮筋腫など大きくなった病巣が腸管を
圧迫したり、大腸過長症や大腸下垂など
腸が長すぎたり、ねじれがある腸の形が
原因で起こるものです。

腹痛があったり、便に血液や粘液が
混じっていたり、便の形が細くて
平べったいと言うようなことが
あったら、早目に病院に行って
医師の診察を受けることです。

直腸性便秘の原因

直腸の粘膜が鈍くなって神経が
反応しなくなると、便が直腸まで
下りてきても便意を感じなくなって
しまいます。

このために、便を送り出そうとする
働きが鈍くなって、便は直腸から
出にくくなってしまいます。

こうした直腸性便秘は高齢者に多く、
また、排便を我慢しがちな人や
便秘を解消するために浣腸を
常用している人も起こります。

浣腸を常用していると、直腸に刺激を
与え続けているために、刺激に対して
鈍感になって自分で便を押し出す
働きが弱くなってしまうからです。

弛緩性便秘の原因

慢性的な便秘のなかで、最も多いのが
弛緩性便秘で、女性や高齢者が
なりやすいです。

大腸の筋肉が緩んでしまったり、
収縮力が低下してしまったりすると、
ぜん動運動がうまくいかなくなります。

その結果、便が大腸を通過するのに
時間がかかるようになり、慢性的な
便秘になってしまうのです。

弛緩性便秘を起こしている人の腸の中は
大量の便やガスがたまった状態になって
います。

このため、お腹が張るような感じが
あったり、残便感があったりします。

また、肩がこったり、頭痛がしたり、
だるくなったり、食欲が出なかったり、
手や足が冷えるなどの症状が
出ることもあります。

痩せている人、運動不足の人、高齢者
などは筋力が衰えていることが多く、
大腸の筋肉も弱くなっているので、
弛緩性便秘になりやすい傾向が
あります。

また、腸が長い人や、内臓を支える
筋力が弱いために腸が下がりがちな人も
弛緩性便秘になりやすいです。

けいれん性便秘の原因

腸のぜんどう運動は、本来ゆっくりと
した動きで便を押し出しています。

しかし、ストレスなどの影響を受けて
腸が緊張すると、キュッと縮んで
けいれんして、必要以上に激しく
収縮するようになります。

それによって、逆に便も押し出され
にくくなってしまいます。

強すぎる収縮は、かえって便の流れを
阻害して、便秘を引き起こして
しまうのです。

けいれん性便秘は、不規則な生活や
環境の変化によるストレスを
受けやすい若い人に多く起こります。

また、腸全体がかたかったり、
腸管内腔が狭かったりすると
起こりやすくなります。

動物性脂肪分をたくさん摂っている
人も要注意です。

便秘を解消するための便秘薬や
漢方薬などをひんぱんに飲んでいると
起こりやすくなります。

けいれん性便秘を解消しようとして
便秘薬をさらに飲んだりすると
悪化させてしまいます。

この場合は医師の診察を受けることです。

たかが便秘だからといって、むやみに
市販の便秘薬を使用するのは
絶対にやってはいけません。

便秘と下痢の違いと下痢の原因

正常な便の水分量は70パーセントですが
、腸内に長く停留しているうちに、水分が
吸収され60パーセントくらいに減って
しまった便が硬くなり、ますます出にくく
なるのが便秘です。

反対に、腸内で水分が十分に吸収されない
うちに排出されて、水分量が80パーセント
以上あるのが下痢です。

下痢にも一過性のものと慢性化したものが
あります。

一過性の下痢は、食生活や生活環境が
変化したときに起こりやすくなります。

旅行に行って、何時もと異なる食事を
したり、体を冷やしすぎてしまったなど
ささいな変化がきっかけになります。

また、暴飲暴食をして、腸内に
摂り込まれた食べ物の水分量が腸の
吸収できる範囲を超えると、便の
水分量が多くなって下痢になります。

一過性の下痢の場合は、環境に
慣れたり、生活を元に戻したりすると
自然に治ります。

一方、慢性化した下痢は、ストレスが
原因によるものが多く、腸がしぼられる
ように、けいれんするために、便が
早く通過してしまいます。

その結果、便の水分が腸で十分に
吸収されずに、水分の多い下痢に
なるわけです。

このように下痢の場合は、便の
通過が速すぎて起こります。

便秘の原因となる生活習慣とは?

現代生活では夜更かし睡眠不足、運動不足、
ストレス過多など不健康な生活に
なりがちです。

このような悪い生活習慣を続けていると
便秘になってしまいます。

そこで、便秘にならないためには日常の
食事や運動、ストレスの対処など総合的に
生活を見直す必要があります。

不健康な日常生活

本来、朝食後は胃腸が活発に動いて、
便意を感じやすいです。

しかし、学校や会社に遅刻しそうな時間に
起きる生活だと、便意をもよおしても
排便する時間がないために、我慢して
しまいます。

その結果、便意は遠のいて、排便する
機会を失って便秘になってしまいます。

また、移動は車で、仕事はデスクワーク、
休日は家でゴロゴロしているなど、
運動不足の生活を続けていると、筋力が
低下して便意が起こっても、筋肉が弱い
ために十分にいきむことが出来ずに
便をうまく押し出せなくなります。

更に、ストレスは自律神経の働きを
乱して排便のリズムを崩します。

このような不健康な生活習慣を改めない
ことには、便秘はますます悪化する
ばかりです。

夜遅くまで起きていると、睡眠時間が
少なくなり自律神経のバランスが
崩れてしまい、自律神経のバランスが
狂うと便秘を引き起こします。

仕事でデスクワークが多く、
座りっぱなしの状態は筋力の低下に
つながり排便に必要な筋肉が衰えて
しまいます。

自律神経のバランスの乱れ

自律神経には、交感神経と副交感神経が
あります。

交感神経は血管を収縮したり、発汗を
促進したりする神経で、活動している
ときや緊張しているときに強く働きます。

血管を収縮させるために腸のまわりの
血行が悪くなり、ぜんどう運動は鈍く
なります。

一方、副交感神経はリラックスしている
時に働く神経で、血管を拡張したり
発汗を抑制したりする神経で、休息して
いる時や寝ている時に働きます。

血管を拡張させるために血行が
良くなり腸は活発に働きます。

拡張した血管を通じて栄養や酸素などが
全身に行き渡り体を回復させます。

このように交感神経と副交感神経は
相反する働きをしています。

通常、交感神経と副交感神経はバランス
よく働いていて、どちらか一方の働きが
悪くなった時に自動的にもう一方の神経が
それを抑え、内臓などに不具合が生じない
ように調節しています。

しかし、不健康な生活を続けたり
ストレスや疲労がたまったりすると、
自律神経の調整機能が狂って、
交感神経ばかりが優位になって
しまいます。

そうなると、腸のぜん動運動が
常に抑制され便がうまく肛門まで
運ばれなくなるために便秘になります。

栄養バランスの悪い食生活

インスタント食品や、肉やジャンクフード
中心の食事など、栄養バランスの悪い
食生活が便秘の大きな原因となります。

偏食で食べる量が少ない人は便秘に
なりやすいです。

少食の人やインスタント・ジャンクフード
中心の人は、便の材料になる物が少ない
ので、排便を促すのに十分な量の便を
作ることが出来ないからです。

便の量が少ないと、脳から出る指令が
鈍くなってしまうために便意が
起きなくなります。

食事の量は多くても、野菜が少なくて
肉類やジャンクフード中心の食生活では
便の量が不足してしまいます。

肉類は胃で消化され栄養分として
吸収されるので、便の材料となる
残りカスはあまり出来ませんし、
ジャンクフードも便の材料となるものは
少量です。

その結果、便の量が増えないのです。

無理な食事制限のダイエット

ダイエットで食事制限をすると、栄養が
偏り食物繊維の摂取量も少なくなり、
便自体の量が減ります。

腸内にある程度、便の量がないと便を
押し出すことが出来ずに排便が
滞ります。

食べた物が少ないと、便の材料が不足し、
直腸まで便が下りて来ても脳に命令が
いかなくなり排便することができません。

また、食べ物から摂る水分の摂取量も
減少し、その結果、便のかさと水分量が
減って便秘になります。

ダイエット中の食事は、脂肪分を減らす
ことが多く、油分が少ないと便の
なめらかさが失われ、硬くて排便
しにくい便になるのも原因です。

更に、朝食を抜くダイエットをしていると
朝食後の最も便意を感じやすくなる
タイミングを逃してしまい、便意を
感じにくくなります。

無理なダイエットは血行不良による
冷え、自律神経の乱れなども起こすため
さらに排便しにくい体をつくって
しまいます。

ストレスの溜め込み

ストレスは交感神経を優位にする原因の
ひとつです。

交感神経が優位になり続けると、腸の
ぜんどう運動が鈍くなり便秘になります。

不安や緊張が続くと、便秘になるのは
そのためです。

現代社会ではストレスが多く、誰もが
日常的にストレスを感じています。

ストレスを感じないようにするのは
無理ですが、ストレスを感じたら
なるべく早く解消するように心掛ける
ことが大切です。

消化器の働きや血圧、脈拍、体温などを
調節している自律神経には交感神経と
副交感神経があります。

交感神経は昼間活動している時に働き、
副交感神経は夜寝ている時やリラックス
している時に働きます。

胃や腸などの消化器は副交感神経が
優位な時によく働きます。

ですから、腸がよく働くようにリラックス
した状態を作ることが大切です。

ストレスの多い生活をしていると、
交感神経の緊張が続いて、胃腸の働きが
悪くなります。

それで、ゆっくり風呂に入ったり、
リラックス出来る音楽を聴くなどする
ことです。

ウォーキングや軽い運動をして体を
動かしたり、お腹をマッサージしたり
すれば、副交感神経が優位になり
胃腸の働きがスムーズになります。

運動不足

近い距離でも車で移動したり、仕事中は
椅子に座りっぱなしだったり、休日は
家にこもりっきりと、体を動かす時間が
少ない生活をしていると、筋肉が
衰えます。

運動不足も便秘を引き起こす大きな
原因になります。

筋肉が衰えると便を押し出す力が弱くなり
胃腸の働きも鈍くなり、排便リズムが
狂ってしまいます。

腹筋が弱くなると腸に十分な腹圧を
かけることが出来ないため、便意を
感じてもうまくいきめません。

足腰の筋肉も、筋肉が収縮することで
大腸の働きを補助的に促進しています
ので、足腰の衰えも排便力の低下に
つながります。

また、運動不足による血行不良も
胃腸の動きを鈍くする一因です。

ですから、休日は外で体を動かす時間を
作ったり、平日はなるべく歩く機会を
多くすることです。

腸内環境の悪化

通常の腸内では善玉菌、日和見菌、
悪玉菌の3つの菌がほどよいバランスで
存在しています。

しかし、生活の乱れなどによって
悪玉菌が増えやすくなると、腸内環境が
悪化します。

腸内環境が悪くなると、腸の活動も
鈍くなり便秘を起こしやすくなります。

腸内環境にもっとも影響を与えるのは
食生活です。

悪玉菌の餌となる動物性蛋白質、特に
脂肪を毎日たくさん食べていると、
悪玉菌はどんどん増えていきます。

これを放っておくと善玉菌は減って
しまうので、善玉菌を増やす作用のある
乳酸菌などを積極的に摂ることが大切に
なります。

乳酸菌は腸内で日々死滅しているので、
こまめに一定量を摂り続けることです。

また、ストレスや免疫力の低下も
腸内環境を悪くする要因です。

心身ともに健康的な生活を心掛ける
ことです。