あなたは自分がどの種類の便秘であるかを知っていますか?

便通には個人差がありますが、普通は
毎日出るものです。

2~3日1回でもきちんと出て、不快感が
なければ便秘とは言えません。

しかし、便通が不規則で不快感があって、
硬い便で何日も出なければ便秘が
考えられます。

便秘の種類によって対処の仕方が
違いますので、自分はどの種類の
便秘なのかを知っておくことは大切です。

便秘の種類

便秘には症状や原因によって
さまざまなタイプがあります。

まず、便秘の種類は機能性便秘と
器質性便秘の二つに大別されます。

機能性便秘は、大腸の運動機能が
低下したために起こるもので、
器質性便秘は、何らかの病気が
原因となって起こるものです。

更に、機能性便秘は一過性のものと
習慣性のものがあります。

一過性便秘は入学、就職、引っ越し、
旅行などといった生活のリズムや
生活環境の急な変化によって
起こることがあります。

生活のリズムや環境に慣れると、自然に
解消することが多いです。

しかし、リズムが乱れたままでいると
慢性化させてしまうこともあります。

習慣性便秘は、起こる原因によって
直腸性便秘、弛緩性便秘、
けいれん性便秘の3種類に分けられます。

直腸性便秘は、直腸粘膜が鈍くなって
便意を感じられなくなったために
起こります。

弛緩性便秘は、大腸の収縮がうまく
いかなくなったために起こります。

けいれん性便秘は、精神的なストレスが
原因となって起こるものです。

器質性便秘は、大腸ポリープ、大腸がん
など異物ができて腸管が狭くなったり、
子宮筋腫など大きくなった病巣が腸管を
圧迫したり、大腸過長症や大腸下垂など
腸が長すぎたり、ねじれがある腸の形が
原因で起こるものです。

腹痛があったり、便に血液や粘液が
混じっていたり、便の形が細くて
平べったいと言うようなことが
あったら、早目に病院に行って
医師の診察を受けることです。

直腸性便秘の原因

直腸の粘膜が鈍くなって神経が
反応しなくなると、便が直腸まで
下りてきても便意を感じなくなって
しまいます。

このために、便を送り出そうとする
働きが鈍くなって、便は直腸から
出にくくなってしまいます。

こうした直腸性便秘は高齢者に多く、
また、排便を我慢しがちな人や
便秘を解消するために浣腸を
常用している人も起こります。

浣腸を常用していると、直腸に刺激を
与え続けているために、刺激に対して
鈍感になって自分で便を押し出す
働きが弱くなってしまうからです。

弛緩性便秘の原因

慢性的な便秘のなかで、最も多いのが
弛緩性便秘で、女性や高齢者が
なりやすいです。

大腸の筋肉が緩んでしまったり、
収縮力が低下してしまったりすると、
ぜん動運動がうまくいかなくなります。

その結果、便が大腸を通過するのに
時間がかかるようになり、慢性的な
便秘になってしまうのです。

弛緩性便秘を起こしている人の腸の中は
大量の便やガスがたまった状態になって
います。

このため、お腹が張るような感じが
あったり、残便感があったりします。

また、肩がこったり、頭痛がしたり、
だるくなったり、食欲が出なかったり、
手や足が冷えるなどの症状が
出ることもあります。

痩せている人、運動不足の人、高齢者
などは筋力が衰えていることが多く、
大腸の筋肉も弱くなっているので、
弛緩性便秘になりやすい傾向が
あります。

また、腸が長い人や、内臓を支える
筋力が弱いために腸が下がりがちな人も
弛緩性便秘になりやすいです。

けいれん性便秘の原因

腸のぜんどう運動は、本来ゆっくりと
した動きで便を押し出しています。

しかし、ストレスなどの影響を受けて
腸が緊張すると、キュッと縮んで
けいれんして、必要以上に激しく
収縮するようになります。

それによって、逆に便も押し出され
にくくなってしまいます。

強すぎる収縮は、かえって便の流れを
阻害して、便秘を引き起こして
しまうのです。

けいれん性便秘は、不規則な生活や
環境の変化によるストレスを
受けやすい若い人に多く起こります。

また、腸全体がかたかったり、
腸管内腔が狭かったりすると
起こりやすくなります。

動物性脂肪分をたくさん摂っている
人も要注意です。

便秘を解消するための便秘薬や
漢方薬などをひんぱんに飲んでいると
起こりやすくなります。

けいれん性便秘を解消しようとして
便秘薬をさらに飲んだりすると
悪化させてしまいます。

この場合は医師の診察を受けることです。

たかが便秘だからといって、むやみに
市販の便秘薬を使用するのは
絶対にやってはいけません。

便秘と下痢の違いと下痢の原因

正常な便の水分量は70パーセントですが
、腸内に長く停留しているうちに、水分が
吸収され60パーセントくらいに減って
しまった便が硬くなり、ますます出にくく
なるのが便秘です。

反対に、腸内で水分が十分に吸収されない
うちに排出されて、水分量が80パーセント
以上あるのが下痢です。

下痢にも一過性のものと慢性化したものが
あります。

一過性の下痢は、食生活や生活環境が
変化したときに起こりやすくなります。

旅行に行って、何時もと異なる食事を
したり、体を冷やしすぎてしまったなど
ささいな変化がきっかけになります。

また、暴飲暴食をして、腸内に
摂り込まれた食べ物の水分量が腸の
吸収できる範囲を超えると、便の
水分量が多くなって下痢になります。

一過性の下痢の場合は、環境に
慣れたり、生活を元に戻したりすると
自然に治ります。

一方、慢性化した下痢は、ストレスが
原因によるものが多く、腸がしぼられる
ように、けいれんするために、便が
早く通過してしまいます。

その結果、便の水分が腸で十分に
吸収されずに、水分の多い下痢に
なるわけです。

このように下痢の場合は、便の
通過が速すぎて起こります。

女性が便秘になりやすいのは何故?

便秘で悩んでいる人は、男性よりも女性が
遥かに多く、男性は10人に1人の割合に
対して、女性は10人中4人にみられると
いう、ある食品メーカーの調査結果が
あります。

厚生省の調査でも、女性は男性に比べて
便秘になりやすいと明らかにしています。

それには、明確な理由があります。

黄体ホルモンの作用

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体
ホルモンの2種類があります。

卵胞ホルモンは卵巣内の卵胞を成熟させて
排卵、受精に備え、黄体ホルモンは
受精卵の着床に備えて子宮内膜を厚くする
など、妊娠の継続をサポートするための
ホルモンです。

便秘が女性に多いのは、女性の体を
支配する女性ホルモンのうちの
黄体ホルモンが起因しています。

妊娠すると、この黄体ホルモンの分泌が
活発になるうえに、大きくなった子宮が
腸を圧迫するので便秘を起こしやすく
なります。

黄体ホルモンは腸の平滑筋という筋肉の
刺激感受性を低下させて、便のもとになる
大腸の内容物の水分を吸収する作用が
あります。

このため黄体ホルモンの分泌が盛んに
なると、腸のぜんどう運動が抑制され
便が硬くなってしまうのです。

黄体ホルモンには腸の動きを鈍くする
作用があるため、黄体ホルモンの分泌が
増える排卵後から生理の間は、腸の
ぜんどう運動が鈍くなって便を排出
しにくくなります。

そのため、この時期に便秘に悩む女性は
多いのです。

また、妊婦さんが便秘になりやすいのは
妊娠中も特に黄体ホルモンの分泌が
盛んになるからです。

さらに、大きくなった子宮が腸を圧迫する
ことも排便を妨げる原因になっています。

胃腸の動きを鈍くする冷え

血液の循環が悪くなり、体の末端まで
血液が行き届かなくなるのが冷え症です。

体が冷えると血液が滞りやすくなり、
腸の血行も悪くなります。

そして、腸の働きが次第に悪くなり
便秘や下痢などが起こりやすくなります。

体の熱の6割は筋肉で作られるので
男性に比べて筋肉量が少ない女性は
体が冷えやすくなっています。

男性は筋肉量が多く体内で熱を作りやすい
ため、冷え症になる人はそう多く
ありません。

一方、女性は熱を作る筋肉が少ないことに
加え、寒い季節も手足や首周りを露出する
薄着の服装で過ごしたり、ガードルなどで
体を締め付けて血行を悪くしたり、無理な
ダイエットで自律神経や女性ホルモンの
バランスを崩すなど、冷え症につながる
条件がそろいやすくなっています。

体が冷えると内臓も冷えます。すると、
胃腸の動きも悪くなり、便が腸内に
溜まって便秘になりやすくなります。

春から夏よりも、秋から冬に便秘になり
やすい人は冷えが大きな原因となって
います。

体を冷やすファッションを控えたり
腹巻きやカイロでお腹を温めたりと、
冷えを取り除くように心掛けることです。

また、夏も冷房の影響で体は予想以上に
冷えていますので、一枚羽織る物を携帯し
冷えを防止するようにすることも
大切です。

冷え性を改善する方法

1、手浴や足湯で温める

手足が冷え切っていると、全身の血液の
循環が悪くなり手足に十分な血液が
行き届かなくなります。

手浴や足浴で手足を温めると、全身の
血行が促されます。

すると、胃腸にも十分な血液が
行き渡って活性化し、胃腸の動きが
良くなり便通が促されます。

手浴は洗面器に42度ほどのお湯を入れ、
手首から先を10~15分つけます。

湯の中で手のひらをマッサージすると、
血行がより促されます。

足浴は大きめのバケツやタライに42度
程度のお湯を入れ、足首から下を10~
15分お湯につけます。

足の裏を温めることで下半身の血流が
よくなり、胃腸の動きも活発になります。

2、カイロやお灸の温熱効果を利用

胃腸が冷えていると胃腸の活動が鈍り、
便を排出する力が弱まってしまいます。

ですから、お腹周りを温めて血行を
良くして胃腸の働きを活発にするする
ことが大切です。

湯たんぽ、カイロ、腹巻きなどで
お腹を保温するのがよいです。

さらに、効果があるのは、お灸で胃腸の
働きを活発にするツボを温めることです。

お灸の温熱によって胃腸を温めると
同時にツボ刺激によって胃腸につながる
神経が活発化し、便秘を改善します。

なお、妊娠中の方はツボによっては
流産や早産を引き起こす場合が
ありますので、専門の鍼灸師に
相談する必要があります。