便秘解消に効果のあったゴーヤジュース

ゴーヤには、食物繊維がセロリの30倍、
カルシウムが牛乳の14倍、ビタミンCが
レモンの4倍、 鉄分がほうれん草の2.3倍も
含まれています。

ゴーヤジュース

ゴーヤにはキサントフィルやカロチン類、
ビタミンCといった抗酸化作用のある
成分が豊富に含まれています。

このために高血糖、高コレステロール
などが防止され、生活習慣病の予防にも
なります。

さらに、皮膚を紫外線から守ってくれる
ので、美肌作りにも役立ちます。

その他にも、目の疲れを防ぐ効果も
あります。

ゴーヤに含まれる苦味成分である
モモルジシンは大腸壁を刺激して、腸の
蠕動運動を活発にするので便秘の予防や
改善にも効果的です。

このような効果のあるゴーヤをまるごと
ジュースにした生搾りのゴーヤジュースは
ゴーヤに豊富に含まれているビタミンC
など熱に弱い成分を破壊しないで摂り
入れることが出来る利点もあります。

ゴーヤの種子には血糖値を低下させる
成分があり、わたには食物繊維が豊富に
含まれているので、ゴーヤの種やわたも
いっしょにジュースにするのもよいです。

不溶性の食物繊維は腸を刺激して便通を
改善してくれるし、水溶性食物繊維は
脂肪分を包み込んで便として排出して
くれるので便秘改善に効果があります。

ゴーヤジュースは便秘改善ばかりでなく
ダイエット効果も期待でき、「飲む
治療薬」と言われるほどです。

ゴーヤジュースは一日コップ一杯以上、
食事中に飲むと、ゴーヤの有効成分が
分解されにくく、血中濃度を保つことが
出来るので、より効果があります。

ゴーヤジュースの作り方

ゴーヤ1本とレモン汁2分の1~1個分
を用意します。

ゴーヤをよく水で洗い、3~4センチ
幅に切ります。

種やワタは取り出したり捨てない方が
いいです。

次に、ゴーヤとレモン汁、水500ミリ
リットルをミキサーに入れて、ミキサーを
10~20秒回します。

レモン汁や水の量は好みで調整しても良い
です。

ただし、ミキサーを長時間回すと、壊れて
しまう成分があるので、10~20秒
以上は回さないことです。

ゴーヤジュースは酸化しやすいので、
早めに飲むことが大切です。

一日コップ1杯を食事と一緒に飲むこと
です。

ゴーヤの苦味で飲みにくい方はスイカを
加えるとよいです。

 

苦くないゴーヤジュースの作り方

3人分の材料は、冷凍させたバナナを1本
ゴーヤ1本、はちみつ大サジ1杯、豆乳を
200cc。

バナナが冷凍でない時は、氷を5個ほど
入れると冷たくておいしいです。

まろやかにするために、豆乳を
使用します。

1、バナナは適当に切って、ラップに
包んで冷凍しておきます。

2、ゴーヤは半分に切り種をとって、
適当に切ります。

3、1と2のバナナとゴーヤ、それと
豆乳、はちみつをミキサーに
入れて30秒~1分回します。

4、それで出来上がりです。

ゴーヤ・バナナジュースの作り方

2人分の材料には、ゴーヤ80g、バナナ
1本、牛乳300cc、ハチミツ大さじ2杯を
用意します。

1、ゴーヤはよく洗って、ワタも種も
一緒にザクザクと切ります。

ゴーヤは1本200g~300g位ですので
残り120~220gはラップに包み冷凍
保存パックに入れて冷凍しておくと、
次に使う時に便利です。

2、1のゴーヤ80g、バナナ1本、牛乳
300cc、ハチミツ大さじ2杯を
ミキサーに入れて撹拌すれば
出来上がりです。

なお、ゴーヤのワタには皮の3倍の
ビタミンCがありますし、種には
脂肪分解成分である共役リノレン酸が
豊富に含まれていますので取り除かない
ことです。

ビタミンCには体内の脂肪が燃焼しやすく
なる効果があります。

 

 

 

便秘解消に効果のあった食べ物

年齢や日常生活に応じた栄養を確保
しながら、積極的に食物繊維の多い食品を
摂るように心掛けることです。

食物繊維は腸内細菌のうち、善玉菌を
増やす働きがあり、この善玉菌が食物
繊維をエサとして増え、代謝物として
有機酸を生じ、この有機酸が腸壁を
刺激して腸管のぜん動運動を高めて
便通を促します。

今回は、特に便秘解消に効果のあった
食べ物を紹介します。

 

すき昆布

すき昆布の産地は岩手県で、養殖昆布を
浜でさっと茹でて、それを細く切り、
枠の中に広げて乾燥させたものです。

すき昆布には、食物繊維やミネラル、
カリウムが豊富で、その他にもビタミンA
、ビタミンB2、鉄、ヨード、カルシウム
も含まれています。

すき昆布に含まれている豊富な食物繊維が
便の量を増やし、腸の運動を活発にして
排便をスムーズにしてくれます。

また、ミネラルやビタミンによって代謝が
良くなり腸の働きが活発になるので
便秘解消に役立ちます。

乾燥したすき昆布は、水で戻すと、細く
切った昆布のようになりますが、少し
かたいので、さっと火を通してから
料理に使います。

普通の昆布よりも食べやすく調理が
楽です。

調理法としては、酢の物やサラダにしたり、
煮物に使ってもよいです。

その他に、すき昆布を油で炒めて、大豆や
アゲなどと炊き合わせても美味しいです。

すき昆布はデパートや大手のスーパー
などで購入できます。

 

酢大豆

酢は胃酸の分泌を高めて消化吸収を
促して大腸の負担を減らしてくれます。

軽症の便秘であれば、大サジ一杯の酢に
コップ一杯の水を加えて毎朝飲むだけで
治るほど便秘解消に効果があります。

大豆に多く含まれている不飽和脂肪酸には
腸内での便のすべりを良くする作用があり
、さらに大豆に含まれる食物繊維が腸内の
水分を吸収して便の量を増やし排便を
促してくれます。

ところで、慢性便秘にはケイレン性便秘、
弛緩性便秘、習慣性便秘がありますが、
タイプに合わせて酢大豆を食べると、
より効果があります。

ケイレン性便秘の人は、大腸の働きが
高ぶった状態にあるので、腸をあまり
刺激しないようにすることが大切です。

そのためには、酢大豆をミキサーに
かけるか、細かく刻んで、出来るだけ
消化されやすくすることです。

また、刻んだ山芋と酢大豆にダシを
加えてミキサーにかけて、それを皿に
入れて、輪切りしたオクラを上に
飾った料理などはケイレン性便秘には
効果があります。

一方、弛緩性便秘や習慣性便秘の人は
朝食を抜いたりしないで、三食きちんと
食べ、運動不足を解消しながら、酢大豆
を一日に10粒程から食べ始めて、30
粒まで、少しずつ増やしてみることです。

なお、良く噛んで食べることも大事です。

また、酢大豆をそのまま食べるばかりで
なく、料理の材料として使うことも
よいです。

例えば、ワカメと酢大豆の酢の物に
したり、人参・鶏肉・キクラゲなどと
いっしょに炒め物にしたり、レンコンや
ゴボウなどの煮物を作る時に酢大豆を
いっしょに煮含めたりしたら良いです。

酢大豆に使う大豆は、生の大豆を使う
場合もありますが、出来たら茹でた
大豆か、炒った大豆を使う方が
よいです。

炒った大豆を使うと、香ばしくなり
美味しいです。

材料は、ひとつかみの大豆に対して
200ミリリットルの酢の割合です。

口の広い蓋付きのビンなどに漬け込むと
よいです。

4~6日で大豆が酢を吸って膨らんで
きたら食べられるようになります。

酢大豆の作り方

1、大豆をザルに入れて水洗いを
します。

2、(大豆を茹でてから使う場合)
水洗いをした大豆を茹でて、
布巾かペーパータオルで水けを
よく拭き取ります。

(大豆を炒ってから使う場合)
水洗いをした大豆の水けを
拭き取ったらフライパンで
から炒りします。

3、広口のビンに入れて酢を注ぎます。
4~6日で出来上がります。

 

トウモロコシ

トウモロコシは、以前は夏だけの食べ物で
、焼いたり茹でたりして食べる以外には
コーンスターチとして食材に使われていた
だけでした。

しかし、現在では冷凍品や水煮の缶詰が
年中出回っていますし、コーンスープ
もふえています。

コーンスターチやコーンフレークなどの
加工品としての需要も大きく、茶、酒、
油、漢方薬などの原料にも使われて
います。

トウモロコシには、炭水化物と外皮に
含まれている食物繊維が豊富です。

トウモロコシの主成分は炭水化物で、
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE
などのビタミン群、マグネシウムや
カリウムなどの各種ミネラル、
食物繊維をバランス良く含んでいます。

食物繊維に関しては、玄米が100
グラムあたり1.4グラム、白米が0.3
グラムに対して、トウモロコシは
100グラムあたり3.0グラムと
非常に多いです。

トウモロコシの実を包んでいる外皮
には、不溶性の食物繊維の一種である
セルロースが多く含まれています。

セルロースは大腸で水分を吸収して
膨らみ、便の量を増やして腸の
ぜん動運動を促進させます。

またトウモロコシに含まれる水溶性の
食物繊維は、腸内細菌によって直ぐに
分解されて、短鎖脂肪酸が腸のぜん動
運動を刺激するために便通が良くなり
便秘が解消します。

更に、悪玉コレステロールを減らして
動脈硬化を予防したり、腸内の
ビフィズス菌を増やす効果もあります。

 

アロエの酢漬け

アロエは、いろんな効用がありますが、
苦くて食べにくいのが難点です。

そこで、アロエを酢に漬けることで
独特の苦味も気にならなくなります。

アロエには下剤の働きをする成分が
含まれているので、大腸のぜんどう運動が
強まり便通が良くなります。

一方、酢には胃の働きを高める作用があり
、大腸の運動も活発になります。

なお、アロエを食べると便秘の改善は
したのに、下痢気味になってしまう人は
食べる量が多すぎるためです。

人によって作用の程度は違いますが、
食べる量の目安は一日に生の葉を
3~5センチです。

アロエの酢漬けの作り方

1、アロエの葉は出来るだけ肉厚の
  部分を切り取って、よく水洗いを
  します。

  トゲを包丁で削ぎ落として布巾で
  水気を拭き取ります。

2、アロエを食べやすい大きさに切って、
  広い口の容器に入れ、ハチミツを
  加えます。

  ただし、ハチミツは添加物のない
  ものを使うことです。

3、レモンはアロエの葉10枚に対して
  1個ほど使用します。

  レモンはよく洗ってから水気を
  布巾で拭き取り、皮ごと八つ切りに
  して、2の容器に入れます。

  ただし、レモンは国産のもので
  ワックス処理をしてないものを
  使用してください。

4、玄米酢をレモンとアロエがひたひたに
  つかるくらい入れます。

5、蓋をして戸棚や冷蔵庫などの冷暗所に
  置いて保存します。

  ひと月ほどで食べられるように
  なります。

  漬け込んだ酢はドレッシングに使うと
  よいです。

 

 

便秘解消に役立つ食物繊維について

日本人の食物繊維の摂取量が年々減り
続けていて、その中でも、特に穀物類から
取る食物繊維の減少が目立っています。

この事が、腸内環境の悪化や大腸がんの
原因になると指摘されています。

炭水化物・たんぱく質・脂質などは、
消化管の中で消化液の中の酵素によって
消化され、小腸から体の中に吸収されて
いきます。

しかし、食物繊維は消化・吸収されない
ので、小腸を通過し大腸まで達します。

 

食物繊維とは

便秘解消に役立っている食物繊維には
水に溶ける水溶性と、水に溶けない
不溶性があります。

水溶性の食物繊維は水を含むとゲル状に
なり、便の水分を増やして軟らかくする
働きがあります。

一方、不溶性の食物繊維は水分を吸って
大きく膨らんで、便の嵩(かさ)を増やす
ことで腸のぜんどう運動を促してくれます。

便秘をしている人が、不溶性の食物繊維を
多く摂ると、ガスが溜まりお腹が張って
苦しくなります。

何故ならば、食物繊維で腸のぜんどう運動が
起こっても、それまでに溜まっていた便は
水分が吸収されて硬くなり、出にくい状態に
なっているので腸が膨れてしまうからです。

ですから、便秘の人は水溶性の食物繊維を
摂るようにすると、便が出やすくなります。

食材には不溶性と水溶性の食物繊維の両方が
含まれていることがほとんどです。

しかし、その割合は食材によって異なります。

例えば、食物繊維の多いサツマイモは
不溶性3に対して、水溶性1の割合で
含まれています。

レタスは不溶性10に対して、水溶性1の
割合です。

このように、殆どの食品には不溶性の食物
繊維のほうが多く含まれています。

水溶性の食物繊維は食物を選ばないと
十分に摂れないことが多いですので、
注意が必要です。

食物繊維を摂ることはもちろんですが、
摂りづらい水溶性の食物繊維を意識的に
摂るように心掛けることです。

 

水溶性の食物繊維の多い食材

便秘の人は便が出やすくなるように
水溶性の食物繊維を摂ることを心掛ける
ことです。

なめこ

水溶性、不溶性ともに多く含んでいます。
なめこのヌメリには水溶性食物繊維が
多いので、洗わずに使った方が効果が
あります。

人参

食物繊維の含有率は多いです。ジュースの
材料として使いやすいです。

ごぼう

善玉菌のエサとなるオリゴ糖も含んでいて
水溶性、不溶性ともに多く含まれている
食材です。

納豆

食物繊維のバランスが理想的で、水溶性1
に対して不溶性2の割合です。
1パックで一日の必要量の7分の1を
摂取できます。

里いも

独特のヌメリがあり、芋類の中でも
水溶性の食物繊維が豊富です。

アボガド

理想的なバランスで食物繊維を含んで
います。
また、不飽和脂肪酸も多く含んでいるので
便の潤滑油にもなります。

モロヘイヤ

ヌルヌルとした粘りに水溶性食物繊維が
多く含まれています。しかも、栄養価も
高い食材です。

オクラ

ネバネバしていて、ペクチンという
水溶性食物繊維を含んでいます。
生のままよりも、茹でた方がペクチンの
吸収がよくなります。

いんげん豆

食物繊維の含有量は豆類の中では抜群に
多いです。
不溶性及び水溶性食物繊維も豊富です。

切り干し大根

乾燥させることで食物繊維の含有率が
上がるので、少量でも効果があります。

押し麦

不溶性より水溶性食物繊維を多く含んで
います。押し麦は米と混ぜて炊くことで
食物繊維を手軽に摂ることが出来ます。

そば

食物繊維の含有量は抜群で、乾麺でも
水溶性食物繊維は生そばと変わりません。

海藻

ワカメや昆布やモズクなどの海藻類には
ヘミセルロースという水溶性食物繊維が
豊富に含まれています。

プルーン

水溶性も不溶性もともに豊富に含まれて
います。乾燥プルーンも効果があります。