善玉菌を増やす食べ物

人の腸の中には100~3000種類の
腸内細菌が住みついています。

そして、この腸内細菌には健康を守る
善玉菌や体に害を及ぼす悪玉菌がいます。

善玉菌は消化・吸収を助けたり、ビタミン
を合成したり、外から入ってきた悪玉菌の
増殖を防ぎ、腸内の悪玉菌を抑えたり
します。

さらに、体の免疫力を高めて病気を予防し
人の健康に大いに役立っています。

この善玉菌の代表格がビフィズス菌です。

一方、有害な悪玉菌にはウェルシュ菌や
大腸菌がいます。

健康な時には善玉菌が優勢なので、腸内
細菌のバランスはうまく保たれています。

しかし、ストレスを受けたり、高齢になる
と、このバランスが崩れて善玉菌が衰えて
減少してしまいます。

そして、同時に悪玉菌が急増してくるの
です。

増加した悪玉菌は、下痢、便秘、高血圧、
肝臓病、動脈硬化、ガンなどの成人病を
誘発することもあります。

そこで便秘を解消するには積極的に体内に
ビフィズス菌を摂り入れて場内細菌の
バランスを整えることが大切になります。

 

ビフィズス菌入りヨーグルト

善玉菌の代表格であるビフィズス菌を
腸内に手軽に増やすには、ビフィズス菌
そのものを補給する事です。

市販されているヨーグルトのうち、普通の
ヨーグルトでも効果はありますが、
ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べる
ほうがより効果があります。

普通のヨーグルトの場合は、市販の
ビフィズス菌末を加えるとなお効果的
です。

粉末状のビフィズス菌は健康食品店や
薬店で購入できますので、それを
利用すれば簡単です。

 

参考までに、自分で実践して、特に
便秘解消に効果のあったヨーグルトの
飲み方を御紹介しておきます。

1、まず、普通の500グラム入りの
プレーンヨーグルトを用意します。

どこのメーカーでもかまいません。
自分の好みで選んでください。

2、ヨーグルトのふたをしたまま約30秒
ほどシェイクします。

3、ふたを取ってコップに移して一気に
飲みます。

目安は、一日に500グラム摂ります。
ただし、ヨーグルトに付いている
砂糖は食べないことです。

 

 



フラクトオリゴ糖

 

腸内のビフィズス菌を増やすには、
ビフィズス菌のエサにあたるフラクト
オリゴ糖を補充すればよいわけです。

フラクトオリゴ糖は、果物などに含まれる
甘みである果糖が数個結合して出来
上がったオリゴ糖です。

普通、オリゴ糖は小腸に存在している
α-グルコシダーゼという酵素によって
分解され吸収されます。

しかし、フラクトオリゴ糖だけは
分解されないので、小腸から吸収される
ことなく、そのまま大腸へと進んで
ビフィズス菌のエサとして利用されます。

もし、フラクトオリゴ糖を多めに摂っても
ビフィズス菌が利用しなければ、便と
いっしょに排泄されるだけですので、
太る心配はいりません。

フラクトオリゴ糖を摂取することにより
腸内のビフィズス菌が増え、その
ビフィズス菌の優れた働きによって
便秘が解消されます。

フラクトオリゴ糖は、玉ねぎ、ニンニク、
ライ麦、ゴボウ、ネギなどにも含まれ
ますが、一日の必要量は5~10グラム
ですので食品だけで摂るのは少し
無理です。

そこで、市販のフラクトオリゴ糖を
砂糖がわりに紅茶やコーヒーなどに
使うと良いです。

ただ、煮物にも使えますが、ジャムなど
長時間煮込む時は、仕上げに加える事
です。

 

善玉菌を増やすにはオリゴ糖を摂取することで、
腸内のビフィズス菌が増え、その ビフィズス菌の
優れた働きによって便秘が解消されます!

1分に1個売れている日本一のオリゴ糖商品『カイテキオリゴ』

腸を若返らせる秘訣

現代社会では、脂肪の摂取量が増えて、
ストレスに取り囲まれています。

腸の健康が全身の健康につながります
ので、腸をきれいに保つことが必要と
なってきます。

腸内の老化を進める主な原因は、食事
ストレスです。

脂肪やタンパク質に偏った食事を続けて
いたり、強いストレスに長くさらされたり
、抗生物質などを長い期間使用すると、
腸内細菌のバランスが悪くなり、悪玉菌が
増えます。

ですから、腸の健康に役立つ食事を摂り、
ストレスを避ける生活を送り、抗生物質を
出来るだけ使わないように気を配ることが
大切です。

腸内をキレイにすれば、腸は若返ります!

 

食事に気をつける

便秘を防ぎ、体を若く健康に保つには、
ビフィズス菌などの善玉菌を増やすことが
大切です。

そのためには、オリゴ糖ヨーグルト
食物繊維乳酸菌食品などを摂ること
です。

オリゴ糖は甘みはありますが、食べると
すぐに消化・吸収される砂糖とは違って、
消化・吸収されずに大腸まで達します。

大腸に達すると、ビフィズス菌が好んで
オリゴ糖を食べます。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサになり
ます。

ビフィズス菌以外のウェルシュ菌などの
悪玉菌はオリゴ糖をあまり食べません。

カロリーも低いので、糖尿病や肥満の方
にも適しています。

オリゴ糖にはゴボウやタマネギなどに
含まれるフラクトオリゴ糖、大豆に
含まれる大豆オリゴ糖など幾つか
ありますが、効果の点ではどれも
ほとんど違いがありません。

オリゴ糖は紅茶やコーヒーなどの飲み物や
料理に砂糖と同じように使えます。

加熱しても効果は変わりませんが、イチゴ
ジャムのように酸性の強いものと一緒に
長時間加熱すると分解されます。

この時、甘みは残るものの、オリゴ糖の
効用は得られません。

オリゴ糖を摂り始めると、人によっては
お腹が張ったり、軟らかい便になったり
する場合があります。

この現象はもともと便秘がちで腸内細菌の
バランスが悪く、悪玉菌が多い人に見れれ
ます。

しかし、そこでオリゴ糖を摂るのを辞め
ないで、オリゴ糖を摂り続けることです。

更に、ビフィズス菌を効率よく増やすには
オリゴ糖と一緒にヨーグルトを摂ると効果
的です。

理由は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が
ビフィズス菌の繁殖を助けるからです。

乳糖もビフィズス菌のエサとなりますが、
乳糖を含む牛乳もビフィズス菌を増やす
のに役立ちます。最も効果的なのが
ヨーグルトです。

食物繊維は人の腸で消化・吸収されずに
排泄されます。

水分を含んで便の嵩(かさ)を増やし、
腸壁を刺激して排便を促します。

長期にわたる便秘になると、腸内の善玉
菌は減り、悪玉菌が増えてきます。

悪玉菌が増えると便秘しやすくなりますが
、食物繊維を十分に摂ることで腸を
きれいに保つことができます。

食物繊維は、野菜、豆類、芋類、海藻類、
穀物などに多く含まれています。

食物繊維は便秘を防いで腸の若返りに
効果を発揮します。

オリゴ糖、ヨーグルト、食物繊維を摂取
しても、まだ便秘が治らない場合は、
ビフィズス菌や乳酸菌が顆粒状や飲料と
なって摂取しやすくなった乳酸菌食品を
摂ると改善されます。

 

ストレスを上手に解消する

腸内環境を悪化させて腸の老化を進める
大きな原因はストレスがあります。

現代社会は常にストレスにさらされる
環境にあり、このストレスが人の腸内
環境に大きく影響を与えています。

不安やイライラ、ショック、恐怖、焦燥
などのストレスを受けると腸内細菌の
バランスが崩れます。

ストレスが多いとビフィズス菌のような
有益な腸内細菌の働きが鈍くなり、
代わってウェルシュ菌などの悪玉菌の
活動が活発になってしまいます。

腸内細菌が正常な状態かどうかを判断する
には自分の便をチェックすることです。

ビフィズス菌などの善玉菌が十分にある
場合は、便は黄色っぽくて甘酸っぱい
ような臭いがします。

赤ちゃんは腸内にビフィズス菌がたくさん
あるので、便はきれいで黄色っぽくして
います。

しかし、ウェルシュ菌などの悪玉菌が
多いと黒っぽく悪臭の強い便になります。

ストレスが加わることで、人の腸内に
悪玉菌が増えることになります。

ストレスが腸内細菌に影響を与える
理由の一つは、腸が内容物を肛門の方へ
送り出す運動である蠕動運動が衰える
ためです。

ぜんどう運動はストレスのショックに
よって鈍くなり、さらに胃酸や腸液の
分泌も悪くなるので、結果として
腸内細菌のバランスが崩れて、
ウェルシュ菌が繁殖してしまうのです。

腸のぜんどう運動は善玉菌のビフィズス菌
が作り出す乳酸や酢酸の刺激を受けると
活発になります。

逆に、腸内で悪玉菌が増えると、乳酸や
酢酸が少なくなって刺激も小さくなり、
腸のぜんどう運動が衰えます。

悪玉菌の多くは腐敗菌で、腸内のアミノ酸
やタンパク質を腐敗させ有害物質を放出
します。

それが、不眠、頭痛、めまい、イライラ、
肌荒れなどの変調をもたらします。

さらに、病原菌などに対する抵抗力である
免疫力を弱らせ、生活習慣病の引き金に
なります。

ですから、健康であるためには悪玉菌を
腸内から減らして、善玉菌が住みやすい
環境にしてやることが大切です。