朝起床後のコップ一杯の水が良いワケ?

便秘対策に欠かせないものの一つに水分が
あります。

大腸で乾燥した便をやわらかく
排出しやすくするためには、たっぷりの
水分を補給することが効果的です。

水分補給のタイミングは、のどが渇いた
時は勿論ですが、朝起き抜け、排尿後、
大便後、汗をかいた時、就寝前などです。

寝る前の水は、就寝中に不足する水分を
補う大切なものです。

では、何故、朝の水が良いのかには
理由があります。

朝の胃袋は、何か物が入ってきた時に
それを感じるセンサーが鋭くなっている
からです。

昼や夜は、胃に何か入っていることが
ほとんどなのに、朝の胃は前夜の食事から
時間が経っているために、からっぽの
ことが多いからです。

胃腸を刺激し、ぜんどう運動を促す

朝の快便が期待できる最善の方法は、
起き抜けの水です。

コップ1~2杯の水を飲み干すと、
胃・結腸反射が起こり、それだけで
前夜までにS状結腸に溜められていた
消化物がスムーズに結腸に移動して
便意をもよおすこともあるほどの
効果が期待できます。

水は飲みにくいという人は牛乳やスープ、
ジュース、ヨーグルトドリンクなどでも
よいです。

たっぷりの水分を一気に飲み干すことが
大切なのです。

また、温かいものよりも、冷たいものの
ほうが、よい刺激となります。

ただし、起床後、時間が経つと、胃腸が
活動を始めてしまい、効果が軽減して
しまいます。

目覚めたら、直ぐに飲むことが胃腸を
上手に刺激するコツです。

硬い便が適度に軟らかくなる

起き抜けの水は、胃腸に刺激を与える
だけでなく、大腸内で水分を吸収し
つくされて、硬くなった便をしっかりと
軟らかくする効果もあります。

特に、夜間は昼間よりも余計に水分が
吸収される時間帯なので、朝の便は
硬くなっています。

何日も排泄されずに溜まった便なら
なおさらです。

硬くなった便は、排便しづらいだけで
なく、痔をつくるなどトラブルが
多いです。

排便時に痛みを伴うと、トイレに
入ることが嫌になり、ますます便秘を
悪化させてしまいます。

起き抜けの水は、排便をぐんと
楽にしてくれます。

起き抜けの水では効果がみられない
場合は、散歩や体操をするとよいです。

散歩や体操は全身運動なので、大腸の
血行も良くなり、ぜんどう運動が
促されます。

毎朝、一杯の水を飲み、朝食を摂る、
そして散歩や体操で体を動かすだけでも
習慣にすれば、腸の働きも改善されます。

起き抜けの水で排便出来ても、朝食は
しっかり摂ることが大切です。

外食の多い人は、朝食に食物繊維を
摂ることです。

頑固な便秘には、こまめな水分補給

一週間も出ないという頑固な便秘の場合に、
水分をこまめに補給する必要があります。

体内の水分は常に一定量を必要とします。

食事や飲み水などで十分に摂った
つもりでも、汗をかいた時や、尿として
出た後には必ず補うことが大切です。

特に高齢者は、のどの渇きを感じにくく
なっているので、のどが渇かなくても
早目に水分を摂ることです。

また、尿の色が濃いのは、水分不足の
証拠ですので、たっぷりの水分を摂る
ようにすることが大切になります。

夏場は、汗と一緒に体内のミネラル類も
体外に出てしまうので、カルシウムや
マグネシウムなどを含む
ミネラルウォーターを利用するのも
よいです。

デスクワークの人の夏季の体の水分量

事務所内で働いている人の場合は、
一日に体から出ていく水分量は、合計で
約2300ミリリットルです。

一日に体から出ていく水分量の内訳:

汗として出ていく水分が、900ミリ
リットル、

汗以外の蒸発する水分(何もしないでも
自然に体から蒸発する水分)が、900
ミリリットル、

必要最低限の尿量として出ていく水分が
400ミリリットル

便として出ていく水分が、100ミリ
リットル

一日に摂取する水分量の内訳:

食べ物で1150ミリリットル

新陳代謝の過程で生じる量は、
350ミリリットル

以上のことから、水分不足にならない
ためには、1400ミリリットルを
飲み物として補給しなければならない
ことになります。