悪玉菌を減少させる常在ビフィズス菌をより高めるには?

健康維持に欠かせない善玉菌の代表格で
あるビフィズス菌の主な働きは、
炭水化物を分解して、糖を発酵させて
乳酸や酢酸を作ることです。

ビフィズス菌は、悪玉菌の繁殖を
抑制したり、免疫力高めるなどの
働きがあります。

常在ビフィズス菌をパワーアップさせる
ための方法を紹介します。

ビフィズス菌入りヨーグルトを食べる

ビフィズス菌といえば、ヨーグルトや
乳酸菌飲料が思い浮かびますが、
どの製品にでもビフィズス菌がはいって
いるわけではありません。

ビフィズス菌以外の乳酸菌でも、乳糖が
常在ビフィズス菌のエサとなり、健康に
良いことには変わりはありません。

ただ、ビフィズス菌入であれば、より早く
大量に増やすことが出来るわけです。

ビフィズス菌入りにこだわるならば、
ビフィズス菌を原料にした整腸剤や
粉末のビフィズス菌製剤を混ぜるのも
よいです。

最近では、食べて美味しいビフィズス菌
製剤が健康食品として市販されています。

毎日200グラムのヨーグルトを食べる

ヨーグルトを続けて食べていると、腸内の
ビフィズス菌が増えて、便秘が解消される
など、お腹の調子が良くなります。

どれだけの量を食べると有効かについては
多くの専門家が一日トータルで200~
300グラムは必要だと言って
おられます。

大切なのは、毎日続けて食べることです。

しばらく続けて食べても、辞めた途端に
ビフィズス菌は減り、大腸菌などの
悪玉菌がはびこる腸になってしまいます。

なお、一度に200~300グラム
食べるよりも、一日に数回に分けると
食べやすいです。

トッピングを工夫する

ヨーグルトの独特の酸っぱさが、どうも
苦手で毎日食べ続けることが出来ないと
いう人も多いようです。

酸っぱさをやわらげるために、いつも
砂糖を入れて食べるだけでなく、
いろいろなものをトッピングしたら
より美味しく食べれることができます。

例えば、リンゴやバナナ、パイン、桃、
オレンジなどの生のフルーツなどを
トッピングすれば、ビタミンCと
食物繊維も豊富なので、便秘ばかりで
なく、肌荒れの改善にも有効です。

その他、食物繊維の多いドライフルーツや
シリアル類、ゴマ、きな粉、小豆、
ハチミツ、ジャム、オリゴ糖など、
なるべく健康に良い、さまざまな食材を
その日の気分でトッピングするのも
よいと思います。

死んだ乳酸菌にも効能がある

ビフィズス菌にも短所があります。

それは、胃酸によって死んでしまい
やすい点です。

なるべく、生きたまま腸に届けさせる
ためには、胃酸が薄まったタイミングを
見計らって、口に入れることです。

例えば、ヨーグルトを食べる場合には、
空腹時にいきなり食べるよりも、食後、
胃酸が薄くなったところで、食べると
よいです。

しかし、死んでしまった菌にも免疫力を
高める効能があることが明らかになって
いるので、菌の生死にこだわらずに、
毎日食べることが大切です。

乳酸菌の細胞壁が免疫力を強化しますが、
この働きは乳酸菌が生きているか
死んでいるかに関係なく、口から
摂った乳酸菌が例え、生きたまま腸に
到達しなくても効果は変わらないと
されています。

賞味期限を過ぎたヨーグルトは?

ヨーグルトは、品質保持期限が過ぎると、
酸っぱさが増します。

これは、時間が経つほど、含まれている
乳糖が分解されて、酸性物資が増える
からです。

乳糖は、腸内のビフィズス菌のエサに
なる大切な物質です。

また、空気に触れると、乳酸菌は死んで
しまいます。

腸の健康を考えるなら、品質保持期限前に
早めに食べることです。