悪玉菌を抑えて、腸の働きを活性化させる発酵食品と未精白食品

近年、さまざまな発酵食品の研究が
進められて、新たな効能が、次々に
発表されております。

平凡な食材が、乳酸菌や酵母、カビ、
酢酸菌などの微生物の力によって、
スーパー健康食に変身することが科学的に
明らかになってきました。

また、玄米や雑穀などの未精白穀物にも
注目が集まっています。

白米と違って、よく噛んで食べなければ
ならないので、唾液の分泌量を増やし、
結果的に胃腸を助けたり、頭の働きも
良くするなど、栄養価値にとどまらない
さまざまなメリットがあります。

発酵食品の共通点は整腸作用

味噌や漬け物、納豆、ヨーグルト、
アルコールなど、身近な食品には、
乳酸菌や酵母による発酵食品が数多く
あります。

もともと、発酵食品は自然界の微生物が
偶然に混入することによって生まれた
ものです。

その発酵食品は、温度や湿度などの
影響を受けやすいので、地域の気候風土に
よって育てられてきたとも言えます。

乳酸菌や酵母菌には、腸内の善玉菌を
増殖させて、悪玉菌を抑えるという、
腸内環境を整える作用があります。

また、ぜんどう運動をはじめとする
腸の働きを活性化させる作用もあるので、
便秘や下痢の改善には、なくてはならない
ものとなっています。

発酵食品の効能は、便秘や下痢の改善
ばかりではありません。

免疫力を高める作用、風邪などの
感染予防など、実にさまざまなパワーが
秘められています。

主な発酵食品

ヨーグルト、漬け物、キムチ、味噌、

醤油、みりん、納豆、酵母パン、食酢、

チーズ、塩辛、くさや、

腸内善玉菌を増やすのに最適なヨーグルト

腸内環境を整えて、体を健康にしてくれる
善玉菌を増やすのに、打ってつけの
発酵食品はヨーグルトです。

毎日、100~200グラム以上
食べ続けていれば、善玉菌を増やすことが
出来ます。

現在では、数多くのヨーグルト製品が
出回り、メーカーごとに使用している
乳酸菌の種類は異なっているので、
自分に合ったものを選ぶとよいです。

ヨーグルトは腸内環境を整えて、
腸内年齢を若返らせる効果をはじめ、
花粉症などのアレルギー疾患を抑える
など、さまざまな効果が認められて
います。

多くの乳酸菌は、胃酸や胆汁酸で
殺菌されて、腸内に住み着いている
善玉菌に届かないという欠点も
ありました。

しかし、近年は、胃酸などにも強く、
生きたまま大腸に届く強力な菌で
製造されるプロバイオティクス
ヨーグルトも市販されています。

プロバイオティクスとは、人に有益な
作用をもたらす生きた微生物群や、
そのような微生物群を生きた状態で
含んでいる食品です。

プロバイオティクスヨーグルトには、
免疫力を高める働きがある菌を
使用したものも製品化されています。

なお、乳酸菌やビフィズス菌は死んだ
菌でも、小腸内で免疫力を高める効果の
あることが確認されています。

ヨーグルトに入っている乳酸菌や
ビフィズス菌は、腸内を通過する途中に
常在菌に働きかけ、便を一緒に
排泄されるので、少し食べただけでは
すぐ効果がなくなります。

それで、毎日続けて食べることが
ポイントです。

カスピ海ヨーグルトについて

カスピ海ヨーグルトは、カスピ海西岸の
長寿地域で食べられている手作り
ヨーグルトです。

このヨーグルトは、誰でも簡単に増やす
ことが出来ます。

種になるヨーグルトが少量あれば、そこに
好みの牛乳を入れて、摂氏30度以下の
常温で発酵させることができます。

味もまろやかで、トロリとしており、
市販のヨーグルトにはない、クレモリス菌
という乳酸菌が入っているのが特徴です。

このクレモリス菌には整腸作用だけでなく、
免疫力アップ、抗腫瘍作用も期待できます。

納豆菌は胃酸でも死なず、腸まで届いて
善玉菌を増やす

原料となる大豆にも、さまざまな有効成分が
含まれていますが、納豆菌は胃腸に効く
強力な成分を持ち、薬にも匹敵するほどの
強力なパワーを秘めています。

納豆菌の効能

腸内の善玉菌を増殖させる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の多くは、
胃酸で死んでしまいますが、納豆を
作っている納豆菌は胃酸や胆汁酸などにも
強く、大腸にたどり着けます。

納豆菌は、有胞子乳酸菌の仲間です。

発育を邪魔する環境にいるときは
芽胞と呼ばれる厚い殻を作り、発育できる
環境では発芽する特殊な菌です。

ただ、ヨーグルトと同様に、常在菌には
なれないので、大腸に住み着く乳酸菌に
働きかけてエネルギーを補給して、
排泄されてしまいます。

毎日50グラムは続けて食べると
よいです。

ピロリ菌を退治する

胃酸に強い納豆菌は、胃酸のなかで
生息するピロリ菌をやっつけるほどの
抗菌作用があります。

なお、ピロリ菌は、胃・十二指腸潰瘍の
原因のひとつとされています。

ナットウキナーゼが血栓を溶かす

納豆菌の酵素、ナットウキナーゼは
食後2~10時間位まで、血液の
サラサラ度を持続させることができます。

これは、医薬品の数十倍に匹敵する
効果といわれています。

この他、納豆には食物繊維やタンパク質、
カルシウム、ビタミンB群が多量に
含まれており、吸収されにくい
カルシウムも良質なタンパク質と
一緒に摂ることで吸収率が高まります。

漬け込み方次第で、乳酸菌が増える漬け物

漬け物には、乳酸菌など微生物の働きに
より、ミネラルやビタミンなどの
栄養素もプラスされて、整腸作用だけで
なく、さまざまな健康効果があります。

以前は、塩分過剰な食品として毛嫌い
されてきた向きもありますが、最近は
塩分も控えめの商品が増えて、栄養価の
高いことで見直されるようになりました。

発芽玄米に豊富に含まれているGABAは
血中コレステロールを下げるほか、
抗ストレス作用もある成分ですが、
漬け物に含まれる乳酸菌がGABAを
増やします。

また、生では大量に食べられない野菜も
漬け物にすると、カサが減り、風味も
増すのでたくさん食べられます。

漬け込む時間が長いほど、乳酸菌量が
増えるという効果もあります。

玄米は精白米より食物繊維、ビタミンB1・Eが4倍多い

栄養価値が見直されている玄米のぬかの
部分には、40種類以上もの微量栄養素が
含まれています。

玄米は果皮、種皮、糊粉層、胚芽・胚乳に
分かれています。

白米は、人の体を作るうえで大切で
必要な部分が削ぎ落とされて、胚乳しか
残されていません。

玄米と白米の栄養素の比較
(可食部100グラム当たり)

栄養成分    玄米    白米

カリウム    230mg 88mg

マグネシウム  110mg  23mg

リン      290mg  94mg

鉄       2.1mg  0.8mg

ビタミンE   1.3mg  0.2mg

ビタミンB1   0.41mg 0.08mg

ビタミンB6 0.45mg 0.12mg

食物繊維 3.0mg  0.5mg

パンは白くなるほど栄養がなくなる

米と同じで、パンの原料となる麦にも
「ふすま」と呼ばれる食物繊維が
くっついています。

白いパンほど、外皮と胚芽のふすま部分は
まっ先に削られてしまいます。

それで、胚芽入りのパンや金粒粉パン
(黒パン)など、なるべく色のついた
パンを食べることです。