悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌

一般的なヨーグルトに含まれている
ビフィズス菌は腸まで届いても、
住み続けることは出来ません.

でも、胃酸や胆汁酸の中でも生存できて、
生きたまま腸に届くヨーグルトの
ビフィズス菌を毎日食べ続ければ
腸内のビフィズス菌を一定に保つことが
できます。

生きたまま腸に届くビフィズス菌を
摂れば、すでに腸内にいる
ビフィズス菌を助けて活性化して
くれます。

ビフィズス菌を摂るタイミングは、
胃酸の影響が比較的に少ない食後が
よいといわれています。

また、ビフィズス菌のエサとなる
食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂ると、
より効果が期待できます。

健康維持に欠かせない善玉菌

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種で、
腸内でいちばん数の多い常在善玉菌
です。

酸素を嫌う細菌なので、腸管内では
酸素のない大腸に住み着いて活動して
います。

ビフィズス菌の主な働きは、炭水化物を
分解して、糖を発酵させて乳酸や酢酸を
作り出すことです。

タンパク質を分解して有害物質を作り出す
悪玉菌のように、腸内で害を及ぼすような
ことはなく、増え過ぎて健康を損なうと
いうこともないのです。

ビフィズス菌の仲間

・ロングム菌

・アドレッセンティム菌

・カテニュラータム菌

・シュードカテニュラータム菌

・デンティウム菌

・ブレーベ菌

・インファンティス菌

・ビフィダム菌

ビフィズス菌の働き

悪玉菌の活動を抑える

腸内で善玉菌のビフィズス菌が増えると、
乳酸や酢酸が作られて、腸内は酸性に
傾きます。

そうすると、酸に弱い大腸菌や
ウエルシュ菌などの悪玉菌は増殖する
ことが出来なくなります。

例えば、0-157黄色ブドウ球菌が
口から侵入してきたとしても、腸内が
酸性では繁殖しにくくなります。

腸内腐敗を抑える

腸内で、タンパク質が悪玉菌によって
腐敗すると、アンモニアやインドール、
硫化水素などの悪臭を放つ有毒物と
化します。

これらは腸壁を通して血液中に溶け込んで
肝臓に移動し、そこで解毒されますが、
有害物が多すぎると肝臓に負担を
かけることになります。

ビフィズス菌は腸内で腐敗を促す悪玉菌の
活動を抑え込み、肝臓障害の悪化を防ぐ
ことにも役立ちます。

ビタミンを合成する

腸内でビタミンB群を合成する働きが
あります。

合成されたビタミンの一部は腸壁から
吸収され、皮膚の内部に到達して
傷んだ肌を修復します。

便秘・下痢の両方を防ぐ

ビフィズス菌は、腸内で乳酸や酢酸を
作りますが、それらの刺激によって
大腸のぜんどう運動が促されます。

また、消化・吸収などの腸の機能を
高めて、便秘はもとより下痢の予防にも
役立ちます。

免疫力を高める

ビフィズス菌を含む乳酸菌は、その
細胞膜に人間の免疫力を高める働きが
あり、抗ガン作用もあることが
確認されています。

また、ビフィズス菌が腸内で糖質を
発酵させてできる酪酸には、大腸ガンを
抑制する働きがあることもわかって
きました。

ヨーグルトが血液をサラサラにする

ビフィズス菌をはじめとする乳酸菌には、
腸の健康だけでなく、コレステロールを
排出する働きがあると考えられています。

乳酸菌自身がコレステロールをくっつけて
便となって出ていくために、生きた
乳酸菌ではなくても効果はあるということ
です。

さらに、ヨーグルトなら、その乳タンパク
から作られるペプチドという成分に、
血圧やコレステロール値を下げる働きが
あるので、乳酸菌による恩恵だけでなく
血液サラサラ効果もよりアップする
ことになります。

ヨーグルトのビフィズス菌は腸の常在菌とは別物?

乳酸菌には、腸内に住み続けられる菌と、
そうでない菌の二種類があります。

一般的なヨーグルトに含まれている
ビフィズス菌は、腸まで無事に届いたと
しても、住み続けることができない
種類の菌で、すぐに便となって
排泄されます。

しかし、腸内を素通りするわけでは
ありません。

ゆっくりと進んで酸を作り、悪玉菌の
繁殖を抑えてくれます。

つまり、常在ビフィズス菌の手助けを
しているわけです。

また、胃酸などで死んでしまった
ビフィズス菌は、酸を作ることは
できませんが、死んだ菌でも免疫力を
高めて、ガン抑制に有効であると
考えられています。

一度にたくさんではなく、毎日
ヨーグルトを続けて食べることが
大切なのです。