大腸を活気づける腹式呼吸とは

健康法のひとつとして、昔から行われて
きたのが腹式呼吸です。

ヨガや気功などには、その呼吸法が
取り入れられています。

腹式呼吸は排便時の腹圧を高めるばかりで
なく、高血圧も改善します。

また、自律神経のアンバランスによって
起こる便秘の改善にも効果があります。

ホルモンの影響で自律神経が乱れがちな
女性は、腹式呼吸を習慣にするといいです。

心と体の調子を左右する呼吸

呼吸は心身と密接に結びついている大切な
動作です。

呼吸の仕方によっては心と体を楽にする
ことも出来ます。

呼吸には、胸式呼吸と腹式呼吸の二種類が
あります。

胸式呼吸は、胸だけでする浅い呼吸です。

日中は、この呼吸をしている人が多い
です。

腹式呼吸は、お腹をへこませたり、
膨らませたりするもので、胸とお腹の
境目にある横隔膜をお腹の方に下げて、
肺の隅々にまで酸素が十分にゆきわたる
ように行なう方法です。

腹膜と横隔膜が硬いと排便に必要な
腹圧が低下する

健康な人は日中は胸式呼吸、運動している
時や睡眠中は腹式呼吸と、二つの呼吸法を
バランスよく使い分けているものです。

しかし、強いストレスを頻繁に受けて、
疲労をため込む生活をしていると、
寝ている間も、脳や体の緊張がほぐれない
まま、胸式呼吸と続けてしまいます。

腹式呼吸をしないでいると、内臓や
神経を包んでいる腹膜や横隔膜に
柔軟性がなくなり、排便に必要な
腹圧も低下してしまいます。

適度に腹圧がかかると、排便がスムーズに
なります。

また、排便時だけでなく、腹圧の刺激が
あると、大腸をはじめ胃腸の働きが
活発になり、血行が促進されて、
ぜんどう運動も自然に行われるように
なります。

このように腹式呼吸は心身のバランスを
とり、ストレス解消にも有効です。

腹圧低下が内蔵の働きを弱める

お腹にある内臓や血管、神経などは
腹膜という薄い袋に包まれています。

腹膜は、腹圧の力で適度にふくらませる
ことによって、内臓などを正常な位置に
保持しています。

しかし、腹圧が低下すると、中に
収まっているものが圧迫されるなどして、
血行や神経の伝達がうまくいかなくなり、
内臓の働きが悪くなって、便秘や下痢の
原因ともなります。

横隔膜を上下させる腹式呼吸

背筋を丸めて体を折っている姿勢だと
胃腸が圧迫されて機能が妨げられます。

腹式呼吸をすることで正しい姿勢を
保つことができて、胃腸の機能も
活発になります。

腹式呼吸と胸式呼吸の違い

普段はあまり意識することもなく
何気なく呼吸していますが、常に
新しい酸素を吸入して、必要のない
二酸化炭素を吐き出しています。

吸い込まれた酸素は、肺を通じて
心臓に送られ、血液中に溶け込んで
全身に流れていきます。

そして、その酸素は主に食べた物を
体内で燃焼させる時に使われている
のです。

二酸化炭素は、酸素が燃焼する時に
生じる副産物です

腹式呼吸

息を吐き出すと横隔膜が上に上がり、
息を吸うと横隔膜が下に下ります。

胸式呼吸

肋骨の内側にある二層の肋間筋の
働きによります。

息を吐き出すと内側の肋間筋によって、
肋骨が引き下げられ、息を吸うと外側の
肋間筋によって肋骨が上に引き上げられ
ます。

意識して腹式呼吸をする

便秘気味の時は、腹圧が掛からないと
便が出にくいものです。

腹式呼吸は、横隔膜の柔軟性を
高めますので、腹圧をコントロール
できるようになります。

姿勢は立った状態で行ったほうが、
お腹の膨らみ具合がわかりやすいですが、
座っていても、あお向けの状態で行っても
効果は同じです。

リラックスしたい時は、5~10分ほど
続けていると、徐々に気持ちが落ち着いて
くるのが実感できます。

腹式呼吸のやり方

1、両足を軽く開いてゆったりと
  立ちます。

  お腹をへこませながら、口から
  ゆっくりと静かに息を吐き出し
  ます。

この時に、お腹のへこみ具合は気に
せずに、吐く息に意識を集中させます。

体中の空気を全部吐き切るつもりで
行なうとよいです。

2、息を吐き終えたら、軽く口を閉じて、
  次は、鼻からゆっくり息を
  吸い込みます。

このとき、お腹は少しずつ膨らんで
いきます。

しっかり、息を吐き切っていると、
吸うことを意識しなくても自然に
息が入ってきます。