善玉菌を増やすのに最適な低脂肪で食物繊維の豊富な和食

以前の日本には、24時間いつでも買える
コンビニ弁当もファーストフードも
ありませんでした。

その代りに、便秘で悩む人も少なく、
あまりいませんでした。

また、以前はガンといえば胃ガンを指す
ぐらいで、確かに胃ガンは多かったの
ですが、近年は大腸ガンが増えてきて
います。

それは、食生活の欧米化により、脂肪の
摂取量が増えて、食物繊維の摂取量が
著しく減少しているのが原因と考えられて
います。

昔の日本の家庭の食事は、ご飯と、イモや
野菜の煮物やお浸しのようなものが
中心でした。

冷蔵庫もあまり普及していなかったので、
塩分の濃い漬け物や、魚も日持ちのする
干物や乾物類が多く、肉類も限られた
種類のものでした。

それが、高度経済成長とともに、食生活は
どんどん欧米化してきました。

また、それまでの高塩分、低タンパクな
日本の食事は高血圧や胃ガンを引き起こす
ことが明らかになったことで、いっそう
和食離れに拍車をかけました。

しかし、近年、日本食が見直されて
います。

それは、食生活が欧米化し、食生活が
豊かになった一方で、それまで少なかった
大腸ガンや乳ガンが増えてしまったから
です。

昔ながらの食物繊維を豊富に含み、
脂肪分が少ないという和食の素晴らしさが
再認識されてきました。

それは、昔の日本食の欠点であった高塩分、
低タンパク質を改善した日本食です。

少ない脂肪と豊富な繊維の和食の長所

和食の長所は、脂肪の摂取量が少ないと
いうことです。

洋食は、肉中心で、そのうえ油を使って
焼いたり、さらに、バターをたっぷり
使ったソースをかけたりしてあります。

それに対して、和食は、魚中心で、
ダシ汁などで煮たり、網で焼いて
油を落としてしまうなど、脂肪が圧倒的に
少ないと言えます。

脂肪が消化される際には、胆汁酸が
分泌されますが、その胆汁酸は腸内細菌に
出会うと、ガン発生を促進する物質が
生じて、腸の粘膜を刺激します。

そのために、脂肪の摂り過ぎは大腸ガンを
引き起こす危険があるのです。

和食の良いところは、緑黄色野菜や
穀物など食物繊維を豊富に含んだ食品が
多いことです。

和食は、繊維がとても豊富で野菜も
加熱されたものが多いので、生よりも
たくさん摂ることができます。

和食は、低脂肪、高繊維で、しかも
ビタミンやミネラルが豊富であるので、
腸を生き生きとさせる食事なのです。

日本伝統の調味料は善玉菌が豊富

腸を健康に保つには、腸内細菌のなかでも
善玉菌を増やすことが大切です。

腸の中では、善玉菌と悪玉菌が生息して
いますが、善玉菌が優勢になると、腸は
若々しく健康でいられます。

しかし、ストレスや睡眠不足などによって
そのバランスは簡単に崩れてしまいます。

また、肉などの高脂肪の食事や
スナック菓子などを摂っていると、
悪玉菌が増えてしまいます。

逆に、野菜など食物繊維をたっぷりと
摂ると、善玉菌が増えるのです。

和食ならではの日本の伝統的調味料である
味噌、醤油、納豆、ぬか漬けなどは、
それ自体が発酵食品(注)ですので、
和食は善玉菌を増やすには最適なのです。

(注)発酵食品

人にとって有益な微生物の作用を発酵と
称していますが、大豆や乳の蛋白質を
分解することによって作られる醤油や
味噌、納豆、ヨーグルト、乳酸菌飲料、
あるいは漬物類など乳酸菌によって
熟成されるような食品も含めて発酵食品と
呼んでいます。

近年、若い世代の腸年齢の高齢化が
心配されています。

それは、ハンバーガーやインスタント麺
などのジャンクフードの普及と、
和食離れが関係しています。

悪玉菌が好む食品ばかり食べていると、
腸はどんどん老化してしまいます。

野菜と肉のバランスのとれた和食のすすめ

ご飯に汁物で、メインになる、おかずが
毎日肉を使ったものにならないように、
魚や豆製品などを交互に入れることです。

食事は、組み合わせとバランスが
大切です。

ステーキや焼き肉など、高脂肪に偏って
いると思えたら、バランスをとるために
野菜をたっぷり摂るのは、もちろん、
キノコや豆、海藻を使った料理を
副菜にして、意識的に食べるように
すれば、食物繊維だけでなく、ビタミンや
ミネラルも摂ることができます。

和食に欠かせない魚は、良質のタンパク質
源としてだけでなく、脂肪に含まれる
DHAやEPAの働きが、体にいろんな恩恵を
与えてくれます。

これらは、血液をサラサラにして、
動脈硬化や心臓病、脳卒中を予防します。

また、DHAは、脳の神経に働いて記憶力を
良くするなど、頭脳労働やボケ防止にも
役立ちます。