健康を保つためには、腸内細菌のバランスが大事

腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と
呼ばれる細菌が無数に住み着いて、日夜
発酵と腐敗を繰り返しています。

人は腸内細菌の働きにによって、健康を
保つことが出来るのです。

腸内細菌は、同じ種類のものが集まって
住んでいます。

草むらや花畑のように、群れを作って
住み着くので、腸内菌叢とか、
腸内フローラといわれています。

腸内細菌の種類

人の体には目に見えない細菌が、皮膚、
のど、鼻腔、口腔、腸などに住んで
います。

この細菌たちは、常在菌と呼ばれていて
人と共生関係にあって、なくてはならない
存在です。

何故なら、常在菌がいるおかげで、
病原菌などの有害菌が簡単に体内に
入り込まずにいるからです。

この常在菌が最も多く住んでいる場所が
腸です。

そのほとんどは、大腸に住んでいて、
種類は100以上を超え、総数は
100兆個ともいわれています。

この細菌は、大きく三種類に分けられ、
ビフィズス菌に代表される善玉菌、
ウェルシュ菌に代表される悪玉菌、
食べ物や体調によって、どちらにも
傾く日和見菌があります。

腸内細菌のなかでも最も多く分布して
いるのが日和見菌です。

善玉菌は、腸内で腸内発酵を進めて、
病原菌をやっつけたり、人体に有益な
物質を生成したり、健康に役立つ
働きをしてくれます。

分布としては、最も少ない悪玉菌ですが、
増えると、腸内腐敗を進めて、体にとって
有害な物質を生成したり、病気を
起こしたりします。

主な腸内細菌

・善玉菌

 ビフィズス菌 = 主に大腸に住んで
          います。

 乳酸桿菌 = 小腸、大腸のほか
        口、膣にも多いです。

・悪玉菌

 ウェルシュ菌 = 腸の上部に住んで
          います。

 セラチア菌

 緑膿菌

 黄色ブドウ球菌

・日和見菌

 大腸菌

 バクロテロイデス

 ユウバクテリウム

 嫌気性連鎖球菌

日和見菌のほとんどは大腸に住んで
います。

善玉菌を優位に保つことが大切

健康な腸内は酸性ですが、悪玉菌が増えて
くると、アルカリ性になります。

アルカリ性の腸内は、悪玉菌が好む
環境なので、ますます増殖します。

また、日和見菌のなかにも、悪玉菌に
傾くものが増えてきます。

悪玉菌が活発になり、病原菌となって
感染症を引き起こすものもあります。

一方、善玉菌は糖質や食物繊維をエサと
して、乳酸菌や酢酸といった有機酸を
作り出し、腸内を酸性化します。

つまり、発酵状態にするのです。

善玉菌が増えて、腸内が酸性になると、
悪玉菌の繁殖は抑えられて、酸によって
刺激された腸は、ぜんどう運動が活発に
なり便秘も解消します。

ですから、大切なことは、善玉菌を
優位に保ち、悪玉菌を増やさない状態に
することです。

発酵か腐敗かは食べ物次第で変わる

便の主な成分は、栄養分を吸収し終えた
食べ物のカスと細菌なので、便には
腸内環境がはっきりと反映します。

細菌が便と一緒に出てしまっても、腸には
各種の細菌が残っています。

善玉菌が多く発酵状態、即ち、酸性の時は
、便は黄色か黄褐色です。

しかし、悪玉菌が増えて、腐敗、即ち、
アルカリ性が進むと、便は濃くなります。

腸内を発酵させるのも、腐敗させるのも、
食べ物次第といえます。

ところで、善玉菌の多くは嫌気性細菌と
言って、酸素を嫌う性質をもっています。

一方、ウェルシュ菌などの悪玉菌は、
好気性と言って、酸素を好む性質を
もっており、腸の上部に分布しています。

腸内の空気が、善玉菌が多く住む
大腸へ届く前に、悪玉菌が酸素を消費して
くれるので、その意味では、悪玉菌は
善玉菌の生存に役立っているのです。

加齢とともに善玉菌は減り、悪玉菌は増える

赤ちゃんの腸内は生まれてくる時は、
無菌状態です

母乳あるいは粉ミルクで育っている時は、
腸内細菌のほとんどが善玉菌の代表である
ビフィズス菌です。

離乳食になる頃から、成人と同じような
善玉菌、悪玉菌、日和見菌で構成される
ようになり、安定します。

母乳の赤ちゃんのほうが、ビフィズス菌が
より多いそうです。

その後、年令を重ねて中高年期になると、
ビフィズス菌は減り、悪玉菌の代表である
ウェルシュ菌が増加します。

腸内環境は加齢とともに、悪玉菌優勢に
なってくるのです。

特に高齢者の場合、腹筋や腸のぜんどう
運動の衰えから、便秘がちになり、
便秘になるから悪玉菌が増えるという
悪循環に陥りやすくなります。

そして、さまざまな体調不良や病気に
対する抵抗力の低下にもつながります。

そこで、大切なのが食べ物です。

何を食べるかで腸内細菌の勢力分布は
変わるのです。

ですから、歳をとればとるほど、意識して
善玉菌が喜ぶ食物繊維、炭水化物、乳酸菌
やオリゴ糖を積極的に摂る必要があります。

長寿の人の腸には善玉菌が多く、腸年齡が
実際の年齢より若いことが知られています。

逆に、若くても運動不足で偏った食事を
している人の腸は悪玉菌が多く、便も
滞りがちなため腸内腐敗が起こっています。

当然、腸年齢も高くなります。