ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖とは

腸の健康に役立つ食品として欠かすことの
出来ないのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は、微量でもビフィズス菌を
増殖させますし、砂糖の仲間であるのに
低エネルギーのため、虫歯にも
なりにくい食品です。

オリゴ糖は単糖が数個統合したもので、
消化吸収されにくく腸に直接届き、また、
血糖値やインスリン濃度も上昇させない
特徴があります。

低エネルギー甘味料である

オリゴ糖はバナナ、タマネギ、大豆などに
含まれている低エネルギーの糖質の
一種で、健康に役立つ機能性食品と
されています。

機能性食品とは事業者の責任において、
科学的根拠に基づいた、体の調子を
整える機能があることを表示した
食品です。

販売前に安全性及び機能性の根拠に
関する情報などが消費者庁長官へ
届け出られております。

天然食品から抽出し分離したタイプの
ものと、バイオ技術によって作られた
ものがあります。

清涼飲料水、お菓子、練り製品などに
使用されているほかに、顆粒状の
甘味料やシロップとして市販されて
います。

このオリゴ糖、砂糖の仲間ですが、
エネルギーは砂糖の約半分です。

また、砂糖とは違い、消化吸収されにくい
ために、ダイエットに適しています。

さらに、便秘や大腸ガンを防ぎ、お腹の
調子を整える補助食品として注目されて
います。

オリゴ糖は虫歯になりにくいだけでなく、
腸内細菌のバランスをとるのに非常に
有効であることがわかっています。

オリゴ糖を摂ると、臭い便の元となる
悪玉菌が減少するということで、
ペットフードにまで使用されています。

腸まで届き、善玉菌を増やしてくれる

腸を健康にしてくれるオリゴ糖の
最も大きな働きは、腸内細菌の善玉菌の
代表格であるビフィズス菌を増やして、
善玉菌優勢のバランスのとれた
腸内環境を作ることです。

オリゴ糖の一種である乳菓オリゴ糖は、
胃酸によって1.5パーセント、
小腸粘膜酵素によって5パーセント
分解されるだけで、ほとんどが
大腸まで達します。

そして、大腸に住み着いている
ビフィズス菌のエサになります。

そのうえ、ウェルシュ菌などの悪玉菌に
とっては、あまり有用でないので、
オリゴ糖を取り続けると、善玉菌が
増えて、悪玉菌の数が減っていきます。

個人差がありますが、オリゴ糖の種類に
よっては一度に大量に取り過ぎると、
一時的に便がゆるくなる場合もあるので
注意が必要です。

オリゴ糖を摂り続けることによる効果

オリゴ糖が少なくなれば、ビフィズス菌は
生きていくのが難しくなります。

大腸菌など多くの悪玉菌は、腸管から出る
分泌物や大腸まで届いた食べ物のカスの
なかから利用できるものをエサとして
生き延びて増殖していきます。

しかし、ビフィズス菌は乳酸菌や
食物繊維、炭水化物、オリゴ糖のような
エサが足りないと、途端に減少して
しまいます。

善玉菌の勢力が弱まると、体がなんとなく
だるかったり、風邪を引きやすくなったり
といった症状や便秘がちになります。

そのような症状がでたら、腸内に
ビフィズス菌が足りなくなっている
サインでもあります。

ですから、オリゴ糖を積極的に摂って、
腸内環境が善玉菌優勢になるように
努めることです。

腸内では、善玉菌と悪玉菌の勢力争いが
日夜繰り広げられていますが、善玉菌に
良いものでも続けて摂らないと、
善玉菌優勢の腸内環境は長続きしません。

ビフィズス菌を増やし続けるには、
意識的に、その栄養分となるオリゴ糖を
摂る習慣をつけることです。

ただし、オリゴ糖だけを摂っていれば、
腸内の健康が保てるわけでは
ありません。

食物繊維をはじめ、いろいろなものを
バランスよく食べることが大切です。