便の形成過程と外肛門括約筋の働きについて

食べた物は消化・吸収されて、最後は
便となり排泄されます。

便は、主に栄養素を吸収された後の
消化物のカスと、腸内細菌から
できています。

その比率は、栄養素や水分を吸収された
食べ物のカスが3分の2で、腸内細菌が
3分の1です。

その他にも、古くなって腸壁から
はがれ落ちた細胞、粘液、不要な
ミネラルなども含まれています。

大腸内で水分が吸収され、便を形成

十二指腸あたりでは粥状だった消化物も
消化液が加わり、消化が進むと、液状に
なってきます。

それで、小腸から上行結腸に入ってきた
消化物の残りカスは液状です。

この液状の消化物が、上行結腸→
横行結腸→下行結腸→S状結腸と
移動するうちに、水分が吸収されて
徐々に便の形となっていきます。

上行結腸に入った消化物は、ぜんどう運動
によって移動しますが、特に、横行結腸の
少し手前あたりから、急激で強い
ぜんどう運動が起こり、一気にS状結腸へと
運ばれます。

なお、消化管が縮んでは伸び、縮んでは
伸びを繰り返しながら、消化物を前へ
前へと送っていくことをぜんどう運動と
言います。

消化物の状態は、上行結腸では液状の
流動体から半流動体となり、横行結腸では
粥状になり、下行結腸では半粥状から
半固形状、S状結腸で固形となります

こうして作られた便は、下行結腸の
下部からS状結腸のあたりに、ひとまず
溜めて置かれます。

何故、ここで一旦ストップするかというと
、もし、便がどんどん直腸へ送られて
しまったら、頻繁に便意を感じることに
なってしまうからです。

というのは、直腸に便が入ってくると、
内壁が圧迫され内圧が高まり、それが
信号となって脊髄神経を通って、脳に
伝わり便意をもよおす自然の仕組みが
人間には備わっているからです。

この反射を、直腸・結腸反射と
いいます。

外肛門括約筋が排便を制御する

便意を感じると、ふつうはトイレに
行きますが、トイレに入って排便する
態勢になるまで、便を出さないように
してくれているのが外肛門括約筋です。

もし、排便したいと感じた時に、直ぐに
出てしまっては大変のことになって
しまうわけです。

この外肛門括約筋は、意識的に
コントロールできる筋肉ですので、
肛門を縮めたり緩めたりして、
排便を我慢できるのです。

ただ、排便を我慢ばかりしていると、
神経が麻痺してしまい、便秘に
なってしまうこともあるので、
我慢は禁物です。

肛門の周囲には、外肛門括約筋の
ほかにもうひとつの内肛門括約筋と
いうのがあります。

こちらは自律神経によってコントロール
されているために、便意を感じると、
意志とは関係なく緩みます。

自律神経に支配される内肛門括約筋は
筋肉を緩めるように働く副交感神経と、
収縮させる交感神経が働いています。

便を肛門から押し出すのは、意識的に
外肛門括約筋を緩めて、お腹に力を
入れるからなのです。

日本人とアメリカ人の便量

戦前の日本人は、穀物や根菜類を
主体に食べていたので、便量は多く、
一日の排便量は300~400グラム
だったそうです。

ところが、現在の日本成人の一日の
便量の平均は150~200グラムと
いわれています。

アメリカ人の場合も、平均便量は
150グラムくらいだそうです。

便の形状や量は食べた物と腸内細菌で
決まるため、もともと肉類中心で
高脂肪食のアメリカ人の便は
食物繊維や穀物が不足している
傾向にあり、便量も少ないと
考えられます。

日本人の便量が減ってしまったのは、
食の西洋化が進んで、和食離れの
日本人の便も西洋化してきたと
言えます。

よい便とは、半練り状のバナナ
2本分くらいで、色は黄褐色や
黄土色で臭いもありません。

こちらの関連記事も合わせてお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください